Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@color_box

AtCoderでREとなった時にエラー内容について調査する方法

More than 1 year has passed since last update.

概要

AtCoderで、submitしたコードのテスト結果がREで落ちている時、そのテストがどこで落ちているか、何のエラーで落ちているかを探る手法について書きます。
どこでエラーが発生しているかがどうしてもわからない時に使えます。

エラー制御を利用する

発生したエラーを捕まえて例外処理を使うことでどこでエラーが発生したかわかります。
任意の箇所にエラーを補足するコードを挟み、その例外処理部で必ずWAするようなコードを書きます。
これによって、対象の問題のテスト結果がREWAするかを見ることによってエラー発生箇所を絞り込めます。

さらに、エラー種別がある程度絞り込めているなら
エラー種別を指定して例外処理を書くことで、エラー種別の絞り込みも可能になります。

注意事項

submitを大量に繰り返すとシステムの負荷に繋がります。
ここで紹介した手法は、どうしてもわからないときだけ利用してください。

システムに不要な負荷をかける行為はなるべく避けましょう。

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
color_box
帰ってください
esm
ソフトウェアで未来をつくる、人のチカラで未来をつくる。福井、東京、沖縄で活動するエンジニア集団。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?