配列の作成

配列リテラルを用いて配列を作成する

'use strict'

var mySpirits = [];

もしくは

Arrayクラスを用いて配列を作成する

'use strict'

var mySpirits = new Array();



以降の説明は、配列リテラルをベースに記述。


配列の初期化

'use strict'

// 配列の作成と初期化
var mySpirits = ['Gin', 'Vodka', 'Tequila', 'Rum'];

// 値の確認
console.log( mySpirits );
// console => 'Gin', 'Vodka', 'Tequila', 'Rum'


push 関数

配列の末尾に要素を追加する。

追加することによって、要素数が増加する。

'use strict'

// 配列の作成と初期化
var mySpirits = ['Gin', 'Vodka', 'Tequila'];

// 追加前の値の確認
console.log( mySpirits );
// console => 'Gin', 'Vodka', 'Tequila'
console.log( mySpirits.length );
// console => 3

// 要素を追加
mySpirits.push('Rum');

// 追加後の値の確認
console.log( mySpirits );
// console => 'Gin', 'Vodka', 'Tequila', 'Rum'
console.log( mySpirits.length );
// console => 4


pop 関数

配列の末尾から要素を取り出す。

取り出すことによって、要素数が減少する。

'use strict'

// 配列の作成と初期化
var mySpirits = ['Gin', 'Vodka', 'Tequila'];

// 追加前の値の確認
console.log( mySpirits );
// console => 'Gin', 'Vodka', 'Tequila'
console.log( mySpirits.length );
// console => 3

// 要素を取り出す
mySpirits.pop();

// 追加後の値の確認
console.log( mySpirits );
// console => 'Gin', 'Vodka'
console.log( mySpirits.length );
// console => 2


forEach 関数

与えられた関数を、配列の各要素に対して一度ずつ実行します。

'use strict'

// 配列の作成と初期化
var mySpirits = ['Gin', 'Vodka', 'Tequila'];

mySpirits.forEach(function(item) {
// 要素の数だけコンソール出力を行う
console.log(item);
});
// console => 'Gin'
// console => 'Vodka'
// console => 'Tequila'


some 関数

配列の少なくとも 1 つの要素が、

渡された関数によって実施されるテストに通るかどうかをテストする

'use strict'

未実装


filter 関数

引数として与えられたテスト関数を各配列要素に対して実行し、

それに合格したすべての配列要素からなる新しい配列を生成する。

'use strict'

未実装


map 関数

与えられた関数を配列のすべての要素に対して呼び出し、

その結果からなる新しい配列を生成する。

'use strict'

未実装


reduce 関数

配列の各要素に対して、

引数で与えられたreducer関数を実行して、単一の値にする。

reducer関数は、以下の4つを引数とする


  • アキュムレータ

  • 現在値

  • 現在のインデックス

  • ソースの配列

reducer関数の戻り値はアキュムレータ(蓄積するもの)に代入され、

配列内の各反復に対してこの値を記憶し、最終的に単一の値になります。

'use strict'

未実装


sort 関数

配列の要素を並び替える。

デフォルトではUnicodeコードポイントの昇順にソートされる。

'use strict'

未実装