シリーズ:さくらサーバーで遊ぶ

設定等のメモ
http://qiita.com/cielavenir/items/67a7c631713b4c816b6d

SSL化
http://qiita.com/cielavenir/items/aad29b2348fc4d3f9155

(さくらサーバー導入の主目的)
メールをフックする
http://qiita.com/cielavenir/items/5ce4568fc405329d421a

Linuxbrewを導入する(旧)
http://qiita.com/cielavenir/items/741921fcecb281555f77

Homebrewを導入する
https://qiita.com/cielavenir/items/67ce0ec9cd8d43ed00f1


まえがき

ConoHaのVPSでも良かった気もするけど、さくらのレンタルサーバーに環境作ってしまったので、まあしゃーないか。150円ほど安いし。


vim



  • $HOME/binを作っておく(下の手順で使う)


  • ln -s /usr/local/bin/vim ~/bin/vi


    • viと入れてvimが呼び出されて欲しい




  • ~/.vimrcset nocompatibleを付けておく


    • (これで最低限Ubuntuにvimを入れたのと同じ挙動になるはず)


    • syntax onも付ける




ログインシェル



  • EDITOR=vim chshとして、Shell行を編集。/usr/local/bin/bashを指定することで、次回以降のログインシェルがbashになり、.profileの編集だけで完結させることができるようになる。


PATH



  • ~/.profileを編集に用いる。.bash_profileとかは使わない。



    • $HOME/.rbenv/bin:$HOME/.rbenv/shims:$HOME/bin:$HOME/local/binを先頭に足す

    • export LD_LIBRARY_PATH=$HOME/bin/lib

    • export PYTHONPATH=/home/cielavenir/local/lib/python2.7/site-packages

    • export LC_ALL=ja_JP.UTF-8

    • EDITOR=vim

    • PAGER=less



  • ln -s /usr/local/bin/gmake ~/bin/make


rbenv

https://github.com/rbenv/rbenv

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src
git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=/usr/local/ssl" TMPDIR=~/tmp rbenv install 2.5.1
rbenv global 2.5.1

[180524修正] OpenSSLディレクトリを指定したほうが良いです。なおこのディレクトリはSSL化のcertbotの導入で使用しているディレクトリと同じです。

なお、readlineがlibeditであるため、irbで日本語を入力すると不具合が出ます。rb-readline gemをインストールして、

ruby -rrb-readline -S irb

とします(この点はOSXでも共通です)。ただし後述のinfocmpが導入されていないとrb-readlineの読み込みに失敗します。


infocmp

http://pkg.freebsd.org/FreeBSD:9:amd64/latest/All/ncurses-6.0_3.txz をうまく~/bin~/bin/lib配下に展開する。