Help us understand the problem. What is going on with this article?

リクエストメソッド毎のパラメータの取得

More than 3 years have passed since last update.

REST APIを作っていてパラメータの取得で悩んだのでメモ

リクエストメソッド別パラメータ取得コード

GET

これは特に問題ないですね。いつも通り。

$parameter = $_GET;

POST

これも問題なし。

$parameter = $_POST;

PUT

ここからが問題。
結論としてはphp://inputで取得するようです。

parse_str(file_get_contents('php://input'), $put_param);

DELETE

PUTと同じように取得できます。

parse_str(file_get_contents('php://input'), $delete_param);

まとめ

上記を踏まえてリクエストメソッド毎にパラメータを取得するコードを書いてみました。

function getParameter()
{
    $parameter = array();
    switch ($_SERVER['REQUEST_METHOD']) {
    case 'GET':
        $parameter = $_GET;
        break;
    case 'POST':
        $parameter = $_POST;
        break;
    case 'PUT':
    case 'DELETE':
    default:
        parse_str(file_get_contents('php://input'), $parameter);
        break;
    }
    return $parameter;
}

テスト用コマンド

以下コマンドでテストしてみてください。

$ curl http://localhost/test.php -X PUT -d "abc=def&efg=hij"

上記コード利用時の注意点

公式にて以下のコメントがあります。

PHP 5.6 より前のバージョンでは、 php://input でオープンしたストリームは、一度しか読み込めません。

つまり、1度読み込んでしまった場合、値を取得できないという事です。
フレームワークによってはRequestオブジェクトなどに格納するために、既に取得済みの場合があります。
この場合、上記コードではPUTのbodyは取得できませんので、フレームワーク備え付けのRequestオブジェクトなどから取得してください。
取得済みを確認したフレームワークは以下
* CakePHP2系 : 取得できませんでした。$this->request->input()等で取得
* phalcon : 取得できました。$this->request->getPut()でも取得できるみたいです。

参考:
PHP公式 > php://
PUTメソッドのbodyを取得する

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした