EC-CUBE3のメモ - GitHub/Git使い方 -

More than 1 year has passed since last update.

EC-CUBE3をきっかけに、GitHub/Git使いはじめたけど、なかなか覚えられないのでメモ


とりあえずFork

とりあえず本家のレポジトリをフォークする

https://github.com/EC-CUBE/ec-cube で、右上のForkボタン押す。


次にclone

自分のレポジトリからcloneする

$ git clone https://github.com/ユーザ名/ec-cube.git

ブランチの状態を確認してみる



$ git branch -a

* master

remotes/origin/HEAD -> origin/master

remotes/origin/master

これでまずはソースコードをローカルに持ってきました


本家レポジトリの追従

本家が更新されても追従できるように、本家レポジトリをupstreamとして登録



$ git remote add upstream https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git

$ git remote -v

origin https://github.com/ユーザ名/ec-cube.git (fetch)

origin https://github.com/ユーザ名/ec-cube.git (push)

upstream https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git (fetch)

upstream https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git (push)



originには自分のが、upstreamには本家が登録されてるのがわかります。

この状態ではまだupstreamの情報を取得していないので一度fetchしておきます。

$ git fetch upstream


開発する時の流れ


ローカルに開発用ブランチを作成

$ git checkout -b ブランチ名 upstream/master


GitHubの自分のレポジトリに反映

$ git push origin ブランチ名


開発する

.

.

.


完了したらコミット

$ git add /path/to/file

$ git add /path/to/file
$ git commit -m "コメント"


本家の変更を確認

$ git fetch upstream

何か変更があればとってくる


本家の変更をマージ

$ git rebase upstream/master

何か変更があれば、マージする

コンフリクトした場合は、解消後、以下でマージを継続

$ git rebase --continue


自分のレポジトリにpush

$ git push origin ブランチ名 -f


プルリクを送る

GitHubの自分のレポトリから、PullRequestする


参考