Posted at

Unity でイントロ付きループを可能にする smpl チャンクを wav に付与できる拡張を作った

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Unity でイントロ付きループを行うには、予め音楽のファイルを分割しておき AudioSource の遅延を扱えるメソッドを用いて対応をするのが一般的になっています。

が、他にも方法があって、Wave ファイルの smpl チャンクにループポイントを設定し、インポート設定の Compression Format を Vorbis にするという方法もあります。そうするとループをオンにした状態で再生するだけで自動的にイントロ付きループになります。

ただ、この smpl チャンクを設定できるソフトが案外少ないので自分で Unity の拡張を書きました。


UnityWaveFileLooper

chiepomme/UnityWaveFileLooper です!


使い方


  1. github からクローンして、どこかの Editor フォルダ以下に入れる

  2. 波形編集ソフトでループ開始と終了のサンプル数を調べる

  3. Unity で Window > WaveFileLooper を開く

  4. Project タブで適当な Wave ファイルを選択する

  5. インポート設定が Vorbis になっていなければ Vorbis にする

  6. WaveFileLooper のウィンドウにサンプル数入力ボックスが出るので入力して Save を押す

  7. Wave ファイルの Inspector のプレビューのループボタンをオンにして再生してループしていればおっけー!


既知の不具合

Mac で書きだしたバイナリだと上手く動かないことがあるらしいので、動かないファイルがあったら貰えるとうれしいです。


おわりに

画像とか何もなくてごめんなさい!

この記事は @chiepomme Advent Calender 2015 4日目です。