Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity の Project / Inspector タブロック

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Unity の Project タブや Inspector タブの右端に鍵のマークがあることに気づいてますか!

image

これはなにかというと Project や Inspector で現在表示されているオブジェクトでタブを固定するというものです。
(ちなみに同じヘッダのところで右クリックをするとタブを増やせます)

そもそも Unity はオブジェクトの選択状態を Unity 全体で一つしか持つことができず、複数 Project や Inspector タブがあったとしても、表示されるオブジェクトは共通になっています。

普通複数タブを開くときは両者で別の内容を表示したいと思うので、こういうときにロックが必須になります。

Inspector 編

inspector.gif

普通だったら左の Hierarchy で選択するとどちらの Inspector にもその内容が表示されますが、ロックをすることで最初に選択した Main Camera に右側のタブが固定されています。

これがなにに便利かというと、簡単に思いつくのは複数のオブジェクトを比較したいときです。上記の方法を使うと2つの異なるオブジェクトのインスペクタを並べられます。もちろん Hierarchy だけでなく Project で選択したファイルも選択状態をロックすることができます。

それ以外でも例えば NGUI を使っている時に、スクリプトから2つの Tween を参照したい。ただ、どちらも同じオブジェクトにささっている。というときにも便利です。

ObjA + TweenPosition1
     + TweenPosition2

ObjB + 2つ Tween が挿せるコンポーネント

ふつうだと、ObjB を表示して ObjA をドラッグしてコンポーネントの対象として挿そうとしても TweenPosition1 だけしか挿せません。でもさっきの方法で ObjB を表示してロックしてから、タブを追加して ObjA を表示すると、ObjB のコンポーネントにどちらの Tween も挿すことができます。

Project 編

Inspector だけではなく Project も同じようにロックすることができます。

project.gif

こちらは複数のディレクトリを開いておいて、両方の中身を比べなから移動するときなどに便利です。

おわりに

普段は複数タブを開いて作業することもあまりないと思うのですが、便利なこともあるのでたまに思い出してあげてください。
この記事は @chiepomme Advent Calender 2015 7日目です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした