Node.js
PostgreSQL
環境構築
CircleCI

Circle Ci + Node.js + Postgresql セットアップ

More than 1 year has passed since last update.

Circle Ci 実行時の流れ

  1. Environment  : 環境変数を設定
  2. Container postgres : postgres コンテナを立てる
  3. Checkout code : github リポジトリからクローン
  4. Restoring Cache : キャッシュがあれば node_modules をリストア
  5. node -v : node.js のバージョン確認
  6. yarn --varsion : yarn のバージョン確認
  7. yarn install : node module の インストール, キャッシュがある場合はスキップ
  8. Saving Cache : キャッシュの保存

設定ファイルの解説

※の部分を解説していきます。

config.yml
version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      - image: node:8.5.0 ※1
      # specify the version you desire here
      - image: postgres ※1
        environment: ※2
          POSTGRES_DB: root
          POSTGRES_PASSWORD: root
          POSTGRES_USER: root

    working_directory: /var/www/html  ※3

    steps:
      - checkout ※4
      # Download and cache dependencies
      - restore_cache: ※6
          keys:
          - v1-dependencies-{{ checksum "package.json" }}
          # fallback to using the latest cache if no exact match is found
          - v1-dependencies-

      - run: node -v
      - run: yarn --varsion
      - run: yarn install

      - save_cache:  ※5
          paths:
            - node_modules
          key: v1-dependencies-{{ checksum "package.json" }}

※1 docker image の取得

node.js のバージョン8.5.0と postgres のイメージを取得してコンテナを立ててくれます。

※2 環境変数の設定

アプリケーションが postgres にアクセスする時に必要な環境変数の設定 

※3 steps に書かれたコマンドを実行するディレクトリ

checkout や run その他のコマンドを working_directory に指定したディレクトリで Circle Ciが実行します。

※4 リポジトリをクローン

先ほど指定したworking_directoryにリポジトリをクローンしてきます。

※5 キャッシュの保存

paths に書いたフォルダをキャッシュします。(今回はnode_modules)
key はキャッシュ保存時の package.json を hash 化しています。
この key は ※6 で使います。

※6 キャッシュのリストア

先ほど設定した key と実行時の key が同じであれば、キャッシュされた node_modules を使用します。