Help us understand the problem. What is going on with this article?

itemstoreを使ってアプリ内課金を簡単に実装する方法<ストアの設定>

More than 3 years have passed since last update.

itemstore(アイテムストア)は、Android、iOSアプリにアプリ内課金を簡単に実装できるサービスです。
面倒なアプリ内課金処理をシンプルなソースコードで実現でき、販売アイテムの表示・非表示等の管理をitemstoreの画面上から簡単に行うことができます。

利用にあたってのおおまかな流れは次のとおりです。

【STEP1】 デベロッパーサイトでの設定
【STEP2】 ストアの設定
【STEP3】 実装

今回は、「【STEP2】 ストアの設定」についてまとめたいと思います。

ストアの登録

itemstore上にストアを開設し、販売したい課金アイテムをデベロッパーサイトでの登録内容に合わせて設定します。
このストアにアプリからアクセスすることで、アプリ内課金処理を実現します。

ストアの追加

[itemstore管理画面] ->[ストア管理]で、「+新しいアイテムを追加」をクリックします。

ストア名・対象OSを設定し、「追加する」をクリックします。

itemstore上にストアが開設されます。

ストア設定

[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [Androidストア設定]で、ストア情報を設定します。

Android

パッケージ名

Androidアプリのパッケージ名を入力してください。

ライセンスキー

アプリ毎にGoogle Play Developer Consoleから発行されているライセンスキーです。
Google Play Developer Consoleの[サービスとAPI]メニューよりライセンスキーをコピー&ペーストしてください。

APIキー

※プッシュ通知機能を利用する場合に入力が必要
Firebase Consoleの[設定] -> [クラウドメッセージング]画面より「サーバーキー」をコピー&ペーストしてください。

プロジェクト番号

※プッシュ通知機能を利用する場合に入力が必要
Firebase Consoleの[設定] -> [クラウドメッセージング]画面より「送信者ID」をコピー&ペーストしてください。

メディアキー

itemstore上でストア設定時に発行されるキーです。
このメディアキーはitemstoreの機能を実装する際に必要になります。
注意:AndroidとiOSで別々のメディアキーが発行されます。

iOS

Apple ID

iTunes Connect上でアプリを登録した際に割り当てられるIDです。
iTunes Connect -> [App情報]より取得したApple IDをコピー&ペーストしてください。

Bundle ID

iOSアプリのBundle IDを入力してください。

APNS Development Certificate

※プッシュ通知機能を利用する場合に.pemファイルのアップロードが必要
開発用アプリにプッシュ通知を送る場合、こちらにDevelopmentの.pemファイルを選択してください。

APNS Production Certificate

※プッシュ通知機能を利用する場合に.pemファイルのアップロードが必要
公開用アプリまたはAdHocアプリにプッシュ通知を送る場合、こちらにProductionの.pemファイルを選択してください。

メディアキー

itemstore上でストア設定時に発行されるキーです。
このメディアキーはitemstoreの機能を実装する際に必要になります。
注意:AndroidとiOSで別々のメディアキーが発行されます。

ストアのデザイン設定

[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [ストアデザイン]画面では、アプリに表示されるストアのデザインパターンやストアカラー等を設定します。 [ストアデザイン]画面右側にプレビューが表示され、アプリに合ったデザインを確認しながら設定することができます。 アプリのバージョンアップをしなくても設定した内容を即時に反映させることが可能です。

トライアルではデザインタイプ、ストアカラーが限定されます。
デザインカスタマイズをご希望の方はプレミアムへアップグレードしてください。

ストアのタイトル

ストア名またはストアロゴを設定することができます。
ストアロゴは、横560 X 縦100px (500KBまで)の画像をドラッグ&ドロップしてください。

デザインタイプ

ストアのデザインタイプを選択してください。

ストアカラー

ストアのテーマカラーまたはテーマ背景を選択してください。

各種ドキュメント

特定商取引法や資金決済法など必要に応じてドキュメントを掲載可能です。

プレビューと反映

「プレビュー」ボタンを押すことで[ストアデザイン]画面右側のプレビューに現在選択中のデザインを反映して確認することができます。
デザイン変更後は、画面上部にある「このデザインを反映する」ボタンを必ず押してください。
(ボタンを押さないとストアに反映されません)

課金アイテムの設定

ストアで販売する課金アイテムの設定を行います。
itemstoreでは課金アイテムを「グループ」と「アイテム」という名称で扱います。

グループを追加する

グループを設定すると、課金アイテムを一括管理することができます。
「+ グループを追加する」ボタンを押して、以下の項目を入力し、「追加する」ボタンを押してください。

グループアイコン

ストアに表示するグループアイコンを枠内にドラッグ&ドロップしてください。画像は500KBまでです。

消費タイプ

登録する課金アイテムの消費タイプを選びます。
消費型はアイテム数が増減可能なアイテムで、非消費型は追加ステージ等の増減しないアイテムです。

グループID

任意のIDを設定してください。
例)NewAppCStone
アイテムの所持数の取得や増減を行うのに使用します。

対応言語の追加

対応させる言語があればチェックを入れてください。

グループ名

ストアに表示するグループ名を入力してください。
例)新アプシーストーン
対応言語にチェックを入れている言語は入力が必須となります。

グループ説明

グループの説明を入力してください。
例)消費型のアイテムです。

アイテムを追加する

ここで追加するアイテムは、Google Play Developer Console または iTunes Connect で登録した情報に準拠する必要があります。
作成したグループの「アイテムを追加」ボタンを押して、ダイアログ内に販売する課金アイテムの情報を入力し、「追加する」ボタンを押してください。

アイテムアイコン

ストアに表示するアイテムアイコンを枠内にドラッグ&ドロップしてください。画像は500KBまでです。

アイテムID

Google Play Developer ConsoleまたはiTunes Connectで登録したアイテムID(製品ID)を入力してください。

販売アイテム数

販売する課金アイテム数を設定してください。

アイテム数単位

アイテム数の単位を入力してください。

アイテム名

ストアに表示するアイテム名を入力してください。
例)新アプシーストーン ×10
グループを設定する際にて対応言語にチェックを入れている言語は入力が必須となります。

cayto
アプリ内課金の支援ツール「itemstore」、A.I.を活用したチャットボット「FIGO」、芸術・植物・ITを融合したプロダクト「GLANET COLLECTION」等のサービスを提供しています。
http://cayto.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした