archLinux
install
systemd

Archインストールで微妙な躓きと微妙な解決した話

ArchLinuxインストールバトル

うちの部活でも多くの人が挑んできているArchのインストール、ここ数日私も挑戦していました。
マシンはThinkpad X230、今まではKubuntuで運用してきたもののプロコンの某氏にクソと言われたのでArch入れようかと。

インストールできたけどBootしない

まぁ、かなり多くの人がGRUBのインストールだったりなんだりで躓くと思いますし、まぁこんなことはありふれてるのでしょうが。
X230はUEFI対応で、GRUB以外にも幾つかの方法でESPパーティションを埋められますが、今回はSystemdを使いました。

NotFound💢

Systemd自体の導入は極めてシンプルで、GRUBを使う理由が見つからなくなるほどに優秀なのですが・・・
今回やってみたら、Boot時に「vmlinuz-linuxがない」って怒られました。
最初気づかず何回か再インストールするアホなことしてました・・・。

で?

実はググったらすぐ出てくるので書く必要ないかもなんですけれど、
pacman -S linux
で治りましたw

というのもこれ、無くなってるのってLinux Kernelらしいのです。
なので、そのまま、Pacmanで入れ直してやれば・・・動いちゃう・・・。

オチ

なし。なんで書いたんだろう、ああ、備忘録だったそうだった。