1. c9katayama

    No comment

    c9katayama
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,136 +1,136 @@
#はじめに
AWS Lambdaで、呼び出し元/呼び出し先ともにJavaを使った際の例外処理についてまとめてみました。
#テスト用のクラス
##Lambda Functionクラス
AWS Lambdaに登録するためのクラスです。
```java
package lambdatest;
import java.time.LocalDateTime;
import com.amazonaws.services.lambda.runtime.Context;
public class Lambda {
public String ok(Object o, Context context) {
context.getLogger().log("OK " + LocalDateTime.now());
return "OK";
}
public String timeout(Object o, Context context) {
try{
Thread.sleep(TimeUnit.SECONDS.toMillis(100));
}catch(Exception e){
}
context.getLogger().log("Timeout " + LocalDateTime.now());
return "Timeout";
}
public String runtimeException(Object o, Context context) {
context.getLogger().log("RuntimeException " + LocalDateTime.now());
throw new RuntimeException("RuntimeException");
}
public String exception(Object o, Context context) throws Exception {
context.getLogger().log("exception " + LocalDateTime.now());
throw new Exception("Exception");
}
}
```
##Lambdaの呼び出しコード
登録したLambdaを呼び出すクライアントクラスです。
```java
package lambdatest;
import com.amazonaws.regions.Region;
import com.amazonaws.regions.Regions;
import com.amazonaws.services.lambda.AWSLambdaClient;
import com.amazonaws.services.lambda.model.InvokeRequest;
import com.amazonaws.services.lambda.model.InvokeResult;
public class InvokeLambda {
public static void main(String[] args) {
AWSLambdaClient lambda = new AWSLambdaClient();
lambda.setRegion(Region.getRegion(Regions.AP_NORTHEAST_1));
InvokeRequest req = new InvokeRequest();
req.setFunctionName("LambdaTest");
req.setPayload("{\"hoo\":\"bar\"}");
try {
InvokeResult invoke = lambda.invoke(req);
String res = new String(invoke.getPayload().array());
System.out.println(res);
System.out.println(invoke.getFunctionError());
System.out.println(invoke.getStatusCode());
} catch (Exception e) {
e.printStackTrace();
}
}
}
```
#呼び出し時の挙動確認
上記のテストクラスを使って、呼び出すLambdaのメソッドごとの挙動を確認した結果が以下となります。
##OKのパターン
正常パターン。lambdatest.Lambda::ok を呼び出す。処理は成功して、"OK"という文字列が返って来ます。
```
Payload:"OK"
FunctionError:null
StatusCode:200
```
##Timeoutのパターン
lambdatest.Lambda::timeoutを呼び出すと処理がタイムアウトする。
呼び出し元では例外は発生せず、タイムアウト時に以下のPayload,FunctionError,StatusCodeが返ってきます。
```
Payload:{"errorMessage":"2016-02-19T10:10:00.159Z e59b6744-d6f0-11e5-9eae-c56145704801 Task timed out after 15.00 seconds"}
FunctionError:Unhandled
StatusCode:200
```
##RuntimeExceptionのパターン
lambdatest.Lambda::runtimeExceptionを呼び出すとRuntimeExceptionがすろーされる。
呼び出し元では例外は発生せず、タイムアウト時に以下のPayload,FunctionError,StatusCodeが返ってきます。
```
Payload:{"errorMessage":"RuntimeException","errorType":"java.lang.RuntimeException","stackTrace":["lambdatest.Lambda.runtimeException(Lambda.java:28)","sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)","sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:62)","sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:43)","java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:497)"]}
FunctionError:Unhandled
StatusCode:200
```
##Exceptionのパターン
Payloadに入っている例外クラス名がExceptionとなっていだけで、あとはRuntimeExceptionと同じです。
##LambdaのHandler設定が間違っていた時
AWS LambdaのHandler設定が誤っており、呼び出し先クラスやメソッドがない場合。
この場合でも呼び出し元では例外は発生せず、タイムアウト時に以下のPayload,FunctionError,StatusCodeが返ってきます。
```
Payload:{"errorMessage":"No public method named ERRORHANDLER with appropriate method signature found on class class lambdatest.Lambda"}
FunctionError:Unhandled
StatusCode:200
```
##例外処理の方法
-結論として、AWSクレデンシャル/リージョン/FunctionNameが正しければ、Lambda側で例外が発生してもクライアント側では例外がすろーされないため、InvokeResultの中身を見て、エラーかどうかを判断する必要があります。
+結論として、AWSクレデンシャル/リージョン/FunctionNameが正しければ、Lambda側で例外が発生してもクライアント側では例外がスローされないため、InvokeResultの中身を見て、エラーかどうかを判断する必要があります。
InvokeResult#getFunctionError()の戻り値がnullでない場合はエラーが発生しているとみなしてもよさそうなので、この場合はPayloadからエラー内容を取り出し、適宜メッセージを取り出してログを吐いたりリトライする形になります。
なおAWSクレデンシャル間違いの場合はcom.amazonaws.AmazonServiceException、リージョンやFunctionNameが違う場合はcom.amazonaws.services.lambda.model.ResourceNotFoundExceptionが発生するため、これは別途catchして例外処理を行う必要があります。