メルアド / パスワード認証の設定を、Laravelの新規プロジェクト作成から行う手順です。

公式ドキュメント:
https://readouble.com/laravel/5.6/ja/authentication.html

環境

PHP7.1
MySQL5.7
Laravel5.6

Laravel 新プロジェクト作成

# laravel new [プロジェクト名]

DB アカウント設定

準備:
作成したプロジェクト用のDBを作成しておきます。

その後、下記設定を行います。

# vi .env
.env
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=[DB名]
DB_USERNAME=[ユーザ名]
DB_PASSWORD=[パスワード]

キャッシュ・セッション等のパーミッション設定

# chmod 777 -R storage/logs/
# chmod 777 -R storage/framework/

※rootでLaravelプロジェクトを作成したからかもです。

認証

メルアド認証する為の画面や処理が、下記コマンドを実行するだけで用意されます。

# php artisan make:auth
# php artisan migrate

生成されるページ

ログインページ:
http://xxxx.xx/プロジェクト名/public/login

ユーザ登録ページ:
http://xxxx.xx/プロジェクト名/public/register

パスワード再発行ページ:
http://xxxx.xx/プロジェクト名/public/password/reset

ログイン後:
http://xxxx.xx/プロジェクト名/public/home

認証用ビュー

[ルートディレクトリ]/resources/views/auth/

ルート

[ルートディレクトリ]/routes/web.php

自動追記:

web.php
Auth::routes();

認証用コントローラ

ログインページ:
[ルートディレクトリ]/app/Http/Controllers/Auth/LoginController.php

ユーザ登録ページ:
[ルートディレクトリ]/app/Http/Controllers/Auth/RegisterController.php

パスワード再発行ページ:
[ルートディレクトリ]/app/Http/Controllers/Auth/ResetPasswordController.php

リダイレクト先の設定

各ページのリダイレクト先の設定は、下記「$redirectTo」で行います。

protected $redirectTo = '/';
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.