Help us understand the problem. What is going on with this article?

スクール3週目 アプリ作成

1〜2週目で基礎カリキュラムを終え、3週目からは応用カリキュラムへと入りました。
新型コロナの影響で自粛ムードが続きますが、コロナの不安も忘れるぐらい集中して勉強できているのは受験生以来だなとつくづく思いました。

社会人になってからも勉強は大切なことを身にしみました。プログラミングを短期集中で学ぶことで理解度を高められると思うので、この良い学習習慣を継続させていきたいと思います。

応用カリキュラム :bulb:

・質問フォーマットの活用
・検索力、読みやすいコード
・JavaScript、jQuery基礎
・Git、GitHub
・SQL

質問フォーマットの活用 :camera_with_flash:
まず応用カリキュラムに入るにあたって、メンターへの質問方法が変わりました。
これまではわからないことがあればエラー内容をそのまま教えてもらったり、ミスしている部分を修正してもらえたのですが、これからは検索して調べ、そこから仮説を立てて実践、それでもわからなければメンターへその内容を踏まえ質問をする、という形式です。

個人的には、これまでもそのように質問していましたが3週目に入りメンターへの質問の質が高まってきたと実感しています。

検索力、読みやすいコード :computer:
エンジニアに必要な検索力を身につけよう、ということで検索の際のキーワード選びや目的の情報が載っているサイトの選び方、あとは期間指定で新しい記事を探す方法を学びました。この能力はどれだけ数をこなしていくかが大事だと思います。今の時代は知識力も大切ですが検索力も必須だなと思います。

あとは読みやすいコード・良いコードを書く、という意識をつけることを学びました。
命名規則、レイアウト、コメント、リファクタリング。やはりアプリケーションは自分だけで作るわけでなく共同開発をするもので、さらに後で見返してもすぐに理解が出来るように、という観点からも大事な部分だと思いました。このあたりは、リーダブルコードを読んで理解を深めていこうと思います。

JavaScript、jQuery基礎 :pencil2:
Webアプリケーションを作る上で必要不可欠な言語。基礎的な部分のみですが難しく感じました。また、これまでの学習内容よりもさらっと流れていく印象でした。これは実際に実装していく中で覚えていこうと思います。jQueryはグーグルマップで使用されていることを知りました。画面が動くということは裏でこのような技術が使われているんだ!と思うと知的好奇心で学習意欲をより一層、高まりました。

Git、GitHub :scissors:
共同開発していく上で必要なツールで、これからは課題を作成しながらメンターへ都度GitHubを用いて確認してもらいます。データの動きがイメージ出来るようになるまでは扱いが難しい。こればかりは数をこなしていくうちに頭の中で流れを理解していく必要があるなと思いました。また、初めてLGTMをもらった時の感動は忘れられないぐらい嬉しかったです。

SQL :bulb:
基礎カリキュラムでもRailsでアプリを作る際はMySQLを使用していました。ではそのSQLとは?データベースとは?からその構造の操作を学習しました。多少Excelに近い印象はあったので、入りやすかったですね。レコードは行、カラムは列、まずは一つずつ覚えていこうと思います。

振り返り・感想 :triangular_flag_on_post:

3週目はこれまで以上にインプットする量が多く、一つ覚えたと思ったら一つ忘れてしまうことの連続でした。それは、つまり理解したつもりになっている落とし穴にハマっているとも言えます。解決策は、何でもかんでもメモするのではなく、要点だけを抑え、覚えているうちにアウトプットをすることだと思います。アウトプットをすることで同期の人からフィードバックをもらえますし、理解しきれていないところをお互いに聞きあうこともできます。

はじめの頃は一時間おきに、なぜアウトプットをする必要があるのか不明でしたが、3週目に入り早く誰かにアウトプットしたいと思えるまでになりました。引き続き、良い習慣は取り入れ継続させていければと思います。

by-miwa30
23歳、プログラミングで学んだ内容を発信|HTML/CSS, Haml/Sass, Ruby, Ruby on Rails, JavaScriptを勉強中|87期 テックキャンプ受講生| 勉強期間10/4-12/11
https://pando.life/@yusuke-miwa/history
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away