1. bunzaemon

    No comment

    bunzaemon
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,83 +1,83 @@
20161216
単に `Perl` を `Jupyter` で実行したいだけなら、[Dockerfile](https://hub.docker.com/r/stuffox/jupyter-perl/~/dockerfile/)がある。
## 環境
- @`CentOS7.2.1511`
- `jupyter` は設定済み、実行確認済み。
- `python` は、`pyenv` で管理している `anaconda2-4.0.0`[^1] & `anaconda3-4.0.0`
- `perl` は、`plenv` で管理している `5.24.0`
[^1]: 2.7.11 と 3.5.1。 `jupyter` は双方デフォで入っている。3.5.1 は、 RISE インストール時に 3.5.2 にアップグレードしてしまった。
### python の設定
2 系 3 系の切り替えが出来る様にしとこ。
設定方法は、周知の通り。
-```
+```console
$ pyenv shell anaconda2-4.0.0
$ jupyter kernelspec install-self --user
$ pyenv shell anaconda3-4.0.0
$ jupyter kernelspec install-self --user
```
どちらかで、
-```
+```console
$ jupyter notebook #A
```
`tree` => `new` で `Notebooks` に 2 と 3 の選択が現れる。
## Perl の設定
### IPerl のインストール
- 上記 `python` の設定後の実行
- `yum` は不必要なものも入っているかもしれない[^2]。
[^2]: `perl-devel` は何も考えずに叩いてしまったが、、、
-```
+```console
$ plenv shell 5.24.0
$ sudo yum install perl-devel zeromq zeromq-devel
$ cpanm Devel::IPerl --notest
```
でインストール自体は終了。もしかしたら、この時点でカーネルはインストールされているのかもしれないが、私は、
-```
+```console
$ kill %1 # #A が起動してるなら
$ iperl notebook
```
して一旦 `jupyter` を立ち上げた。
普通に、カーネルが入った様で、`Python` 側から立ち上げても、`IPerl 0.006` カーネルでノートブックが作成できるようになった。
![iperl01.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/64084/2f7f470d-217a-cbaf-28bb-d359b0973d68.png "iperl01.png")
![iperl02.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/64084/4a158b5c-ec2b-b383-ee65-668d03be1a76.png "iperl02.png")
## ついでに RISE
`conda` するだけなんだから、入れとこう、、、
-```
+```console
$ pyenv shell anaconda3-4.0.0
$ conda install -c damianavila82 rise
```
- インストールした環境で #A しないと使えない[^3]。
[^3]: この場合だと、2系で #A すると、画面上にアイコンが表われなかった。