Edited at

プルリクのdescriptionに"resolves #issue番号"と書くとマージ時に自動でissueをcloseにしてくれる

タイトルに内容を全て書いてしまった。


どこに書けば良いのか?


PRのdescriptionに記載する

プルリクのdescriptionに下記のように記載すると便利(#1はissueの番号)

プルリクをマージしたタイミングで、対象のissueをcloseにしてくれる

resolves #1

#を打つと補完してくれます


PRのタイトルに記載する

タイトルに書いた方がわかりやすいかもなぁ


コミットメッセージに記載する

descriptionに書かなくても、コミットメッセージに記載をしてもOK

fix #2

Gitの最初のコミットは空コミットにしようを読んだので、

プルリクを作るときに、空コミットでこれとか作って置くのは良いかもしれないと思った(やったことはない)

git commit --allow-empty -m "fix #2"


resolvesでもfixでもok

なんだかんだ初めて読んだが、Githubの公式のヘルプページに詳細が記載されていた

キーワードを使って Issue をクローズする

fixでもcloseでもresolvesでもOKらしいです。他のリポジトリ内の Issue をクローズする、複数のissueをクローズすることも可能、詳細は日本語で書いてあるので公式ページへ