Go,
Eclipse,
gocode
golang,
GoClipse,

Golang開発環境、GoClipseで「Hello, world.」

More than 1 year has passed since last update.

Java開発者ですが、GO言語の学習のために、開発環境を構築しました。

コマンドプロンプトで「Hello,world.」は確認しましたが、慣れているEclipseでGo言語を実行することは簡単ではありませんでした。

Go初心者が最新のeclipseとGoClipseを使用して「build」、「Hello, world.」を出力する開発環境手順をまとめます。


開発環境


  • Windows 10 (64bit)

  • JDK 1.8.0_92

  • GO 1.6.2

  • Eclipse IDE for C/C++ Developers(Neon, 4.6.0)

  • GoClipse 0.16.0


JDKインストール

JDKについては、eclipseを実行するためにインストールします。既にインストールされている場合は不要です。

インストール方法はスキップします。

JDKダウンロード


Goのインストール


Goダウンロード

Windows版はMSIインストーラをダウンロードします。

goダウンロード


Goインストール

MSIファイルを実行します。

デフォルトは「C:\go」ですが、フォルダを変更しても特に問題はありません。

go01.PNG

go02.PNG

go03.PNG

go04.PNG

go05.PNG

go06.PNG


環境変数設定


  • GOROOT:Goをインストールしたフォルダ

  • GOPATH:作業用フォルダを指定する。(GOROOTは別にしたほうが今後問題がおきない気がします。)

goconf01.PNG

goconf02.PNG


Eclipseのインストール

既にeclipseがインストールされている場合、スキップしてください。

最新Eclipseのお試しです。日本語版でも問題はありません。


eclipseダウンロード

eclipseダウンロード


eclipseインストール

eclipseインストーラを実行すると以下の画面が表示されます。使いたいIDEを選択してください。

eclipse01.PNG

インストールフォルダを選択し、INSTALLします。

eclipse02.PNG

eclipse03.PNG

完了しましたら、Eclipseを起動します。

eclipse04.PNG


GoClipse設定


eclipse実行

実行する時、workspaceは任意です。

goclipse03.PNG


Goclipseインストール

eclipseメニューの「Help」> 「Install New Software」を選択します。

goclipse04.PNG

Work withに以下のパスを追加します。

Repositoryを追加する際、Nameは任意です。

http://goclipse.github.io/releases/

goclipse07.PNG

GoClipseを選択し、次へ進みます。

インストールが終わりましたら、eclipseを再起動します。

goclipse08.PNG


Go設定

eclipseメニューの「window」> 「Preferences」を選択します。

「Go」の設定にて、GOROOTを指定します。

上記GOROOTと同様です。

goclipse18.PNG

「Go」> 「Tools」を選択し、gocode、guru、godefをDownloadします。gocodeから順番で行ってください。

goclipse22.PNG


Goプロジェクト追加

eclipseでGoプロジェクトを追加します。

goclipse14.PNG

ここが一番のポイントです。

buildが出来なくて、何日も悩みました。

プロジェクト名及び、プロジェクトのLocationは上記の「GOPATH」で指定したフォルダと合わせてください。

LocationのパスとGOPATHが同じです。


goclipse15.PNG

プロジェクト追加後

goclipse35.PNG


Goファイル追加

Goファイルはプロジェクト追加時に作成された「src」フォルダに「github.com\user\hello」フォルダを作成して、hello.goファイル追加します。

作成フォルダ

src\github.com\user\hello

作成ファイル

hello.go


hello.goにプログラムを記述します。

package main

import "fmt"

func main() {

fmt.Printf("Hello, world.\n")

}


プロジェクトのbuild

上記で作成したプロジェクトを選択し、マウス右ボタンをクリックし、「Build Project」を選択します。

Consoleに「Terminated, exit code: 0」が出力されましたら、buildは成功です。


buildエラーが出力された場合

以下のエラーが発生した場合は別途対応が必要です。

conv.goファイルとsocket.goファイルのエラー内容

cannot find package "golang.org/x/net/html" in any of:

goclipse26.PNG

上記のエラーはpackageが足りないみたいです。

コマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行後、再度buildを行ってください。

コマンド

go get golang.org/x/net/html

go get golang.org/x/net/websocket

go get golang.org/x/text/encoding

go get golang.org/x/crypto/ssh/terminal

goclipse30.PNG

buildが成功したら、「bin」フォルダに「hello.exe」が作成されます。

goclipse36.PNG


「Hello, world.」実行

eclipseメニューの「Run」> 「Run Configurations」を選択します。

「Go Application」を選択し、新しいConfigurationを追加します。

goclipse31.PNG

Configurationが追加されたら、「Go package to build」に「Select」ボタンを押下し、「hello」packageを選択します。

goclipse33.PNG

「hello」package選択画面

goclipse32.PNG


「Hello, world.」成功!

eclipseメニューの「Run」> 「Run」を実行すると、Consoleに「Hello,world」が出力されます。

goclipse34.PNG


参考URL