Help us understand the problem. What is going on with this article?

milkcocoaβ版を使ったブラウザ間通信+YouTubeプレイヤーとリモコンを作る

More than 5 years have passed since last update.

5分でわかるチュートリアルを行ってみる

ここで引っかかるかたはいないと思いますが、
自分はローカルのphpビルトインサーバ使ってlocalhost:1234とかでアクセスしてたら通信できない。
ポートがそのままmilkcocoaへの通信にも使われているのでできていなかったようで。。

無事出来ました。

何度か通信して管理画面をみると

自分のアプリ管理画面→データストアにろぐが残ります。
内容は、

  • データストア名
  • ID(ブラウザごと)
  • message内容

jsonで読込、書き出しが可能です。

管理画面ではその他にも利用できるようですがとりあえずドキュメントに進む。

Document抜粋

MilkCocoa(hosturl)

データストアへのホスト指定。
このオブジェクトが通信等を管理。ここからスタート!

dataStore(path)

pathで指定したデータストアオブジェクトを返す。

addAccount(email,password,options,callback)

訪問者をアカウント管理する場合のアカウント作成で使用する。

その他アカウント関係

login(email, password, callback)
logout(callback)
getCurrentUser(callback)

DataStore主なメソッド

push(object, callback)

データストアにデータをプッシュする。

set(id, data)

データストアのデータを更新/追加する。

remove(id)

データストアからデータを削除する。

send(id,data)

データストアにデータを保存せずに送信する。

on(event, callback)

データストアにイベントを登録する。eventにpush,sendなどを登録することで他クライアント含めた指定イベントを監視する。

child(path)

データストアの階層をたどるためのメソッド。

query()

データストアへの取得条件を指定してデータの取得を行うオブジェクト。

ブラウザ間を連動し片方をリモコン、片方をディスプレイとして動作するモノを作ってみた

とにかく簡単に実装しました。
操作の種類分だけDataStoreを作成し、それをリモコンがPushしてスクリーンが監視しているだけです。
またスクリーンの操作もjqueryのtriggerでclickイベントを発火させているだけなので
あっという間に出来ました。

こんな簡単な実装でもちゃんとリアルタイムに動作してくれます。

nobu222/milkcocoa.sample

リモコン画面

Milkcocoa Remocon App.png

スクリーン画面

Milkcocoa Remocon App (1).png

bobu_web
おもにフロントエンド系、その流れでiOS、Androidも最近やってます
http://jsfiddle.net/user/nobu222/fiddles/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした