Edited at

敷居の低いLAMP構成構築 on GCP (2/2)

GCPに気軽にLAMP構成を構築する後編。

今回は1/2に続いて、GCPインスタンス上にMySQLとPHPをインストールしていきます。


目次


  • MySQLのインストール

  • PHPのインストール

  • 参照ページ


MySQLのインストール

①CentOS 7 に yum コマンドでMySQLをインストールするため、MySQLのyumレポジトリを追加します。

途中で出てくる選択肢は、Yesで問題ないです。

#sudo  yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm

②パッケージの詳細情報を確認します。

#yum info mysql-community-server

利用可能なパッケージ
名前 : mysql-community-server
アーキテクチャー : x86_64
バージョン : 5.7.23
リリース : 1.el7
容量 : 165 M
リポジトリー : mysql57-community/x86_64
要約 : A very fast and reliable SQL database server
URL : http://www.mysql.com/

③このパッケージを、インストールします。

#sudo yum -y install mysql-community-server

④インストールできたかどうか、バージョン確認も兼ねて確認してみます。

#mysqld --version

mysqld Ver 5.7.23 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server (GPL))

こちらを参照しました。詳細情報はこちらの方を参照してください。


PHPのインストール

①PHPをインストールしていきます。



より詳細な手順は、こちらを参照してください。

#sudo yum -y install php php-mysql php-xml php-pear php-pdo php-cli php-mbstring php-gd php-mcrypt php-common php-devel php-bcmath

②インストールしたPHPのバージョンを確認します。

#php -v

③PHPを動作させるため、設定を行っていきます。

Viコマンドでファイルを開いたら、escキーを押し、" /DirectoryIndex"と入力して検索します。

検索結果付近を、以下のように変更します。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

・・・・・・
</Directory>

#
# DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
# is requested.
#
<IfModule dir_module>
DirectoryIndex index.html index.html.var index.php

④③と同様に、"/AddType"で検索します。検索結果付近を、下記の様に変更します。

<IfModule mime_module>

#
# TypesConfig points to the file containing the list of mappings from
# filename extension to MIME-type.
#
TypesConfig /etc/mime.types

#
# AddType allows you to add to or override the MIME configuration
# file specified in TypesConfig for specific file types.
#
#AddType application/x-gzip .tgz
# PHP-types
#
AddType application/x-httpd-php .php
#
# AddEncoding allows you to have certain browsers uncompress
# information on the fly. Note: Not all browsers support this.
#
#AddEncoding x-compress .Z
#AddEncoding x-gzip .gz .tgz

⑤④と同様に、"/LoadModule"と検索します。検索結果付近を、下記の様に変更します。


# Dynamic Shared Object (DSO) Support
#
# To be able to use the functionality of a module which was built as a DSO you
# have to place corresponding `LoadModule' lines at this location so the
# directives contained in it are actually available _before_ they are used.
# Statically compiled modules (those listed by `httpd -l') do not need
# to be loaded here.
#
# Example:
# LoadModule foo_module modules/mod_foo.so
LoadModule php5_module modules/libphp5.so
Include conf.modules.d/*.conf

⑥上記修正が終わったら、Apacheを再起動します。

#sudo service httpd restart

⑦PHPの実行確認を行うため、まずディレクトリを移動します。

#cd /var/www/html

⑧上記ディレクトリで、テスト用PHPファイルを作成します。

#sudo vi phpinfo.php

<?php
echo phpinfo();

?>

⑨"http://<インスタンスのIPアドレス>/phpinfo.php"をブラウザに入力し、下記の様な画面が表示されればPHPが正常に動作しています。

スクリーンショット 2018-10-08 13.02.24.png


おわりに

以上で、LAMP構成の構築は完了です!

1/2も参考にしてください。

※作業が終わった時点でインスタンステンプレートを作成しておけば、簡単にLAMP構成のインスタンスを複製することができます。


参照ページ

こちらこちらのページを参照させていただきました。