Android
Genymotion

Genymotionでsuによるroot端末チェックを回避する

More than 3 years have passed since last update.

Superuserのアプリにて

Settings -> Superuser Access -> Disabledとしていても


MainActivity.java

String message = "Fail. ";

try {
Process process = Runtime.getRuntime().exec("su");
process.destroy();
message = "Success.";
} catch (IOException e) { message += "IOException - " + e.getMessage();
} catch (Exception e) { message += "Exception - " + e.getMessage(); }

のようなコードで試してみると、su自体が存在するせいか実行に成功してしまう。そのためにアプリのroot端末チェックを回避できない。よって、suを実行できないようにしてやればよい。

I. system領域を確認

/Users/bloodysnow% adb shell

root@vbox86p:/ # mount
rootfs / rootfs ro,relatime 0 0
tmpfs /dev tmpfs rw,nosuid,relatime,mode=755 0 0
devpts /dev/pts devpts rw,relatime,mode=600 0 0
proc /proc proc rw,relatime 0 0
sysfs /sys sysfs rw,relatime 0 0
debugfs /sys/kernel/debug debugfs rw,relatime 0 0
tmpfs /mnt/secure tmpfs rw,relatime,mode=700 0 0
tmpfs /mnt/asec tmpfs rw,relatime,mode=755,gid=1000 0 0
tmpfs /mnt/obb tmpfs rw,relatime,mode=755,gid=1000 0 0
/dev/block/sda6 /system ext4 ro,relatime,data=ordered 0 0
/dev/block/sdb1 /cache ext4 rw,nosuid,nodev,relatime,data=ordered 0 0
/dev/block/sdb3 /data ext4 rw,nosuid,nodev,relatime,data=ordered 0 0
/dev/block/sdc /mnt/shell/emulated vfat rw,relatime,fmask=0000,dmask=0000,allow_utime=0022,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,errors=remount-ro 0 0

/dev/block/sda6が/systemとしてマウントされているようだ。

II. system領域を書き込み可能で再マウントする

root@vbox86p:/ # mount -o rw,remount /dev/block/sda6 /system

III. suを適当な名前にrename

root@vbox86p:/ # mv /system/bin/su /system/bin/sux

最初のテストコードを実行してみると、IOExceptionが発生するようになり、root端末チェックを回避できるようになった。