zabbix
samba

Zabbix監視テンプレート(Samba 3)

Zabbix監視テンプレート(Samba 3)を作成しました。
Zabbix 3.0、Samba 3.6.0で検証しています。

前提条件

  • /etc/logrotate.dの設定がrestartではなく、reloadを使用している事。
  • Zabbixエージェントの設定ファイルにパラメータ"Include=/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/"を設定している事。

テンプレート

  • Template App Samba 3 Service(テンプレートとのリンク: なし)

アプリケーション

  • Samba 3 service

アイテム

# アイテム名 トリガー キー データ型 単位 乗数の使用 更新間隔(秒) ヒストリ トレンド タイプ アプリケーション 内容 備考
1 Version of winbindd 0 custom.samba.winbindd.version 文字列 - - 86400 90 - Zabbixエージェント Samba 3 service winbinddのバージョン取得 winbinddを使用しない場合は不要
2 Version of smbd 0 custom.samba.smbd.version 文字列 - - 86400 90 - Zabbixエージェント Samba 3 service smbdのバージョン取得 smbdを使用しない場合は不要
3 Version of nmbd 0 custom.samba.nmbd.version 文字列 - - 86400 90 - Zabbixエージェント Samba 3 service nmbdのバージョン取得 nmbdを使用しない場合は不要
4 Checksum of /usr/sbin/winbindd 1 vfs.file.cksum[/usr/sbin/winbindd] 数値 - - 3600 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service winbinddのハッシュ値取得 prelinkが無効にされている事
5 Checksum of /usr/sbin/smbd 1 vfs.file.cksum[/usr/sbin/smbd] 数値 - - 3600 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service smbdのハッシュ値取得 prelinkが無効にされている事
6 Checksum of /usr/sbin/nmbd 1 vfs.file.cksum[/usr/sbin/nmbd] 数値 - - 3600 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service nmbdのハッシュ値取得 prelinkが無効にされている事
7 smbd service is running 1 net.tcp.listen[139] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service TCP139ポート(smbd)のステータス取得 TCP139ポート(smbd)を使用しない場合は不要
8 smbd service is running 1 net.tcp.listen[445] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service TCP445ポート(smbd)のステータス取得 TCP445ポート(smbd)を使用しない場合は不要
9 nmbd service is running 1 net.udp.listen[137] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service UDP137ポート(nmbd)のステータス取得 UDP137ポート(nmbd)を使用しない場合は不要
10 nmbd service is running 1 net.udp.listen[138] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service UDP138ポート(nmbd)のステータス取得 UDP138ポート(nmbd)を使用しない場合は不要
11 Number of running winbindd processes 1 proc.num[winbindd] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service winbinddプロセスの個数取得
12 Number of running smbd processes 1 proc.num[smbd] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service smbdプロセスの個数取得
13 Number of running nmbd processes 1 proc.num[nmbd] 数値 - - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service nmbdプロセスの個数取得
14 Used memory of winbindd 0 proc.mem[winbindd,,sum] 数値 B - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service winbinddメモリの合計使用量取得(単位は"B"を使用)
15 Used memory of smbd 0 proc.mem[smbd,,sum] 数値 B - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service smbdメモリの合計使用量取得(単位は"B"を使用)
16 Used memory of nmbd 0 proc.mem[nmbd,,sum] 数値 B - 30 90 365 Zabbixエージェント Samba 3 service nmbdメモリの合計使用量取得(単位は"B"を使用)
  • ヒストリとは各収集値の保持期間
  • トレンドとは数値データタイプの1時間あたりの最低値、最高値、平均値および合計値の保持期間
  • Zabbixにリトライ回数、リトライ間隔、タイムアウト時間は存在しない

トリガー

# 深刻度 トリガー 条件式 種別 内容 備考
1 軽度の障害 smbd service is down on {HOST.NAME} net.tcp.listen[139].max(#3)=0 ポート 直近3回のTCP139ポート(smbd)のステータス取得時の戻り値(最大値)が0(Close)だった場合 TCP139ポート(smbd)を使用しない場合は不要
2 軽度の障害 smbd service is down on {HOST.NAME} net.tcp.listen[445].max(#3)=0 ポート 直近3回のTCP445ポート(smbd)のステータス取得時の戻り値(最大値)が0(Close)だった場合 TCP445ポート(smbd)を使用しない場合は不要
3 軽度の障害 nmbd service is down on {HOST.NAME} net.udp.listen[137].max(#3)=0 ポート 直近3回のUDP137ポート(nmbd)のステータス取得時の戻り値(最大値)が0(Close)だった場合 UDP137ポート(nmbd)を使用しない場合は不要
4 軽度の障害 nmbd service is down on {HOST.NAME} net.udp.listen[138].max(#3)=0 ポート 直近3回のUDP138ポート(nmbd)のステータス取得時の戻り値(最大値)が0(Close)だった場合 UDP138ポート(nmbd)を使用しない場合は不要
5 警告 /usr/sbin/winbindd has been changed on {HOSTNAME} vfs.file.cksum[/usr/sbin/winbindd].diff(0)>0 バージョン /usr/sbin/winbinddのハッシュ値の最新値と前回値に差があった場合 prelinkが無効にされている事
6 警告 /usr/sbin/smbd has been changed on {HOSTNAME} vfs.file.cksum[/usr/sbin/smbd].diff(0)>0 バージョン /usr/sbin/smbdのハッシュ値の最新値と前回値に差があった場合 prelinkが無効にされている事
7 警告 /usr/sbin/nmbd has been changed on {HOSTNAME} vfs.file.cksum[/usr/sbin/nmbd].diff(0)>0 バージョン /usr/sbin/nmbdのハッシュ値の最新値と前回値に差があった場合 prelinkが無効にされている事
8 重度の障害 winbindd process is not running on {HOST.NAME} proc.num[winbindd].last(0)<1 プロセス 稼働中のwinbinddプロセスの最新個数が1未満だった場合
9 重度の障害 smbd process is not running on {HOST.NAME} proc.num[smbd].last(0)<1 プロセス 稼働中のsmbdプロセスの最新個数が1未満だった場合
10 重度の障害 nmbd process is not running on {HOST.NAME} proc.num[nmbd].last(0)<1 プロセス 稼働中のnmbdプロセスの最新個数が1未満だった場合

コンフィグの設置

/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/userparameter_samba3.conf
# Custom Monitoring Items
UserParameter=custom.samba3.winbindd.version,/usr/sbin/winbindd -V | cut -d ' ' -f 2 | cut -d '-' -f 1
UserParameter=custom.samba3.smbd.version,/usr/sbin/smbd -V | cut -d ' ' -f 2 | cut -d '-' -f 1
UserParameter=custom.samba3.nmbd.version,/usr/sbin/nmbd -V | cut -d ' ' -f 2 | cut -d '-' -f 1

zabbix-agentの再起動(CentOS 5, 6)

[root@localhost ~]# /etc/init.d/zabbix-agent restart

zabbix-agentの再起動(CentOS 7)

[root@localhost ~]# systemctl restart zabbix-agent