初心者
Blockchain
仮想通貨
ブロックチェーン
ゆるふわ

【ブロックチェーン】コンセンサスアルゴリズムをゆるく絵にしてみた

はじめに

ブロックチェーンの勉強をはじめたものの、コンセンサスアルゴリズムが色々あり、頭になかなか入ってこなかったので絵にしました。

ゆるくコンセンサスアルゴリズムを知りたい方はご覧ください。

PoW (Proof of Work)

計算量に応じて発言権が得られる仕組みです。

IMG_3974.jpg

PoS (Proof of Stake)

コインの所有量によって発言権が得られる仕組みです。

IMG_3975 (1).jpg

※リッチメンをイメージしました

PoI (Proof of Importance)

取引量や取引回数などによって重要度を決め、重要度で発言権が得られる仕組みです。

IMG_3976.jpg

※取引の量や回数を自慢しているところです

dPoS (Delegated Proof of Stake)

通過保有者が承認者を選出する仕組みです。

IMG_3977.jpg

dBFT (Delegated Byzantine Fault Tolerant)

  1. 参加者によって記帳者(BookKeeper)が複数選出されます。
  2. BookKeeperの中から、一人ランダムに代表者が選出されます
  3. BookKeeperは、代表者の信任/不信任を投票します
  4. 代表者が信任されなかった場合、1.の手順に戻ります

IMG_3978.jpg

参考

POC、DPOS、DBFTコンセンサスアルゴリズムまとめ
http://virtual-coiner.info/mining/poc-dpos-dbft/#DPOS-2
コンセンサスアルゴリズムとは?「PoW・PoS・PoI」の種類と違いを解説
https://www.newscrypto.jp/articles/2612