Help us understand the problem. What is going on with this article?

sbt runでprovidedな依存ライブラリをクラスパスに含める

More than 5 years have passed since last update.

本番環境ではライブラリがインストールされているからそれを使いたいけど、ローカルで実行/テストするときは環境作るの面倒だからsbt管理のライブラリを使いたいよってケースです。

build.sbtで以下のように設定するとsbt runおよびsbt run-mainでprovidedにしたライブラリもクラスパスに含めて実行されます。

libraryDependencies ++= Seq(
  "org.apache.spark" %% "spark-core" % "1.3.1" % "provided",
  "org.apache.spark" %% "spark-mllib"  % "1.3.1" % "provided",
  "com.github.scopt" %% "scopt" % "3.3.0"
)

run in Compile <<= Defaults.runTask(fullClasspath in Compile, mainClass in (Compile, run), runner in (Compile, run))
runMain in Compile <<= Defaults.runMainTask(fullClasspath in Compile, runner in (Compile, run))

参考

以下の記事だとsbt run-mainのときにクラスパスに含まれないので、それだけ補足しました。

atskimura
株式会社co-meeetingのCEO。最近はSalesforce上で動くアプリを作ってます。コピペテックはじめました😀
http://www.co-meeting.co.jp/
co-meeting
株式会社co-meetingでは、創業以来スローガンである「Happy Work! Happy Life!」を掲げ、世界中の「働く人」の人生を豊かにするソフトウェアサービスを開発・提供することを目標とすると同時に、社員みんなが楽しく充実した仕事ができる会社を目指しています。
https://www.co-meeting.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away