1. asuky

    No comment

    asuky
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -51,10 +51,12 @@
mdadm利用時は**復旧手順を用意しておくことは当然**として、**間違って故障してないディスクを抜かないように!**(一度検証時にやらかしたんだぜ…)
大体ディスクのUUIDらしきものは(大体は)見えるところに書いてあるので、OS側でudevadmコマンドを叩きつつ探しましょう。
+あと方法はなんでもいいのでSMART情報は見ておいて下さい。
+
## その他
**ネットワークのポートが2つ**あるマザーボードを選んでおくと何かと便利です(2本足構成にできるので)、その時CentOSがNICを2つ認識しなくても、慌てずドライバを探して入れます(CentOSはAtherosのチップをデフォルトで認識しない様子)。
電源に**無意味に容量の大きな電源を使わない**ようにしましょう、80plus認証とか気にするより電気代優先です。
あと**仮想サーバのイメージを置くストレージをネットワーク越しに作るのもボトルネックになるのでNG**です。テンプレート(AMI的なもの)を置くぐらいなら良いと思いますが…。