Help us understand the problem. What is going on with this article?

micro:bitでゲーム性を持たせた濃厚接触防止&接触履歴装置を作ってみた

※2020/06/13:MakeCode V3がリリースされたのに伴い修正しました

はじめに

micro:bitを無線を使って楽しく(?)濃厚接触を避けつつ接触履歴を記録する装置を作ってみました。
Untitled.png

背景

 緊急事態宣言が解除され、今月から学校が全国で一斉に再開します。想定されるのは学校でのクラスター発生です。この対策として、中国では帽子の上に棒をつけて、1m以上近づけないようにしたり、日本でも机にダンボールの衝立を取り付けたりしています。また、技術系では、AppleとGoogleで開発した接触確認アプリが間もなく政府からリリースされるそうです。でも日本の場合、小中学校はスマホの持ち込みは禁止ですし、小学生では持っていない子の方が多数派なのが現状です。
 そこで、子供達に楽しくソーシャルディスタンスを保ってもらえる装置をmiro:bitで試しにつくってみました。

仕様

  • 1人1個 電池ボックスとスピーカーを取り付けたmicor:bit を持ってもらいます
  • micro:bitの無線機能を使い、お互いが近づくと警告音が鳴ります(1~2m程度)
  • 持ち点は10点
  • 警告音が5秒以上鳴ると1点減点
  • 1時間、一度も減点が無ければボーナス得点として1点加算
  • Aボタンで現在の得点確認
  • Bボタンで自分の固有の名前(micro:bitが持つユニークなID)を確認
  • A+Bボタンで接触履歴(時間と固有の名前)をUSBシリアルで出力(115200bps 8bitノンパリ)

用意する物

  • micro:bit
  • 電池ボックス
  • スピーカー

写真はリストバンドやストラップが取り付けられるスピーカー付き電池ボックスTFW-BT3を使用していますが、どんな電池ボックスやスピーカーでもOK。ちなみにエネループで実験したところ単4x2本で丸一日は十分持ちました。
IMG_2159.jpg

プログラム

使い方

  • 全部のmicro:bitにプログラム https://makecode.microbit.org/_hj1iVEEjAh15 をダウンロードします
  • Bボタンを押して、各micro:bitの固有の名前を確認。誰にどのmicro:bitを持たせたがメモをします。
  • 全員がmicro:bitを身に着け「ピッ」と音が鳴らないようにソーシャルディスタンスを保ちます。もし鳴ったら5秒以内に離れて下さい。
  • 5秒以内に離れなと「ピコーン」と音が鳴ってスコアが1点減点され、接触履歴に時刻と相手の固有の名前が記録されます。
  • 現在のスコアはAボタンで確認が出来ます
  • 1時間以上接触が無いとボーナス得点(1点)が加算されます
  • 接触履歴をダウンロードする場合はターミナルソフトに接続してAボタンとBボタンを同時に押します
    • Windows Tera termの例
      • micro:bitをUSBでPCに接続します
      • Tera termを起動します
      • 接続は「シリアル」を選択します
      • 「設定」をクリックし、「シリアルポート」をクリック。「ボー・レート」を115200にします。
      • micro:bitのAボタンとBボタンを同時押しすると、ターミナルに時間(現在より何秒前)とmicro:bitが持つ固有の名前が表示されます 名称未設定-3.jpg

使ってみて

知り合いと試しに使ってみた感想

  • 無線を使うので反応距離がかなりバラバラ(概ね1~2m)
  • 距離センサーで作るより指向性はマシだが、中国のように頭に付けないと死角が出来る
  • 単4エネループ2本で十分1日電池は持った
  • 同時に複数人で接触すると履歴の取りこぼしが出来る
  • 接触履歴のダウンロードのためターミナルソフトを使うのが面倒(1日バッテリーが持つM5StackCがあればいいのになぁ)
  • 途中でリセットすると履歴が消えてしまう
  • 履歴データの時間がダウンロードを実行した時刻から何秒前だったかの表示なので、計算が必要なのが微妙(micro:bitに時計は無いのでしかたがない)
  • micro:bitが持つ個別の名前をメモするのが面倒(当然、接触確認アプリのように匿名性は無い)

最後に

 濃厚接触者がわかったからと言って、それ以外の人は大丈夫という保証は何処にもありません。ただ、この装置を身につける事により、「あっ、ソーシャルディスタンスをとらなきゃ」と思う心の養成ギブス(?)的な効果はあると思いました。

asondemita
CoderDojo守谷、CoderDojoつくばで子供達にプログラミングの楽しさに気づいてもらう活動をしています
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした