Git

Gitをソースからコンパイルしてインストールする

More than 5 years have passed since last update.

リポジトリが腐っているディストリビューションがある(例えば、CentOS)

自力で入れられないことがある(例えば、さくらのレンタルサーバ・研究室・仕事のサーバ)

なんかリポジトリを整理してyumコマンドとかportコマンドでインストールするのも

面倒っていうときにソースからインストールしちまおうってたまに思うから書こうと思った。

ちなみに僕のだとこんな環境。さくらのレンタルサーバ。

$ uname -a

FreeBSD www280.sakura.ne.jp 7.1-RELEASE-p16 FreeBSD 7.1-RELEASE-p16 #0: Fri May 4 06:01:53 JST 2012 root@www280sub.sakura.ne.jp:/usr/obj/usr/src/sys/SAKURA11S i386
$ which git
/home/zange-box/local/bin/git
$ git --version
git version 1.7.2.1

gitは自分でいれたっぽいけど古いし入れなおす。

http://git-scm.com/ から

http://code.google.com/p/git-core/downloads/list に行き

http://code.google.com/p/git-core/downloads/detail?name=git-1.7.11.3.tar.gz&can=2&q= ここまでたどり着く

$ wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.7.11.3.tar.gz

$ tar xf git-1.7.11.3.tar.gz
$ cd git-1.7.11.3

INSTALLのなかをみる

$ less INSTALL

                Git installation

Normally you can just do "make" followed by "make install", and that
will install the git programs in your own ~/bin/ directory. If you want
to do a global install, you can do

$ make prefix=/usr all doc info ;# as yourself
# make prefix=/usr install install-doc install-html install-info ;# as root

こんなの書いてある。なるほど英語よくわからん。

とりあえずいつもの。

$ ./configure --prefix=~/local # ~/以下にlocalディレクトリつくってね

$ gmake # CentOSならmakeかな?
$ gmake install # make install

正常にインストールできたぽかったら、PATHを確認する

$ echo $PATH

/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/games:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/home/zange-box/bin:/home/zange-box/local/bin:/home/zange-box/bin:/home/zange-box/pear/bin:/home/zange-box/pear/pear

長いけど /home/zange-box/local/bin がある

大丈夫そう。

$ ./configure --prefix=で指定したディレクトリがなかったら

$ emacs ~/.bashrc

export PATH=$HOME/local/bin:$PATH を追加してあげる

$ git --version

git version 1.7.11.3

最新のgitになった。心が安らぐ。


まとめ


  • gitは常に最新版を使う


    • 最新版のほうが親切



  • アレなOSはリポジトリをいじいじするよりもソースからインストールするほうが早い


ちなみに

$ git --version

git version 1.7.7.5 (Apple Git-26)
$ brew update
$ brew install git
$ git --version
git version 1.7.11.3