Boostnoteの使い方

  • 67
    Like
  • 2
    Comment

Markdownで手軽にメモができる和製OSSノートアプリBoostnoteの現在の仕様をまとめました。

Boostnote.io

※2017/8/5更新、v0.8.12の仕様に対応しました。

Wikiにも詳しく書いてあります。
https://github.com/BoostIO/Boostnote/wiki

基本

ノートを作る

通常のノートを作ります。
スクリーンショット 2017-01-21 23.23.30.png

ここでエンターを押せば新規Markdown Noteが作成され、編集できるようになります。

スクリーンショット 2017-01-21 23.25.19.png

スニペットを作る

スニペットを作ります。
スクリーンショット 2017-01-21 23.24.19.png
ここでエンターを押せば新規Snippet Noteが作成され、編集できるようになります。

スクリーンショット 2017-01-22 1.45.42.png

通常のノートとの違いは、

  • 複数タブ作ることができる
  • exportできない

ことなどがあります。

ホットキー

Boostnoteにフォーカスが当たっていない時でも

  • Boostnoteのメインウインドウを出す
  • Boostnoteのfinderウインドウを出す

ホットキーがあります。

これらはMenu->Hotkeyから設定することができます。

スクリーンショット 2017-01-21 23.26.21.png

デフォルトはCmd + Alt + SCmd + Alt + Lなのですが自分は上のようにカスタマイズしています。

メインウィンドウを出す
eb5aa83e245c2ad459ecd79e8dd13bdf.gif

finderウィンドウを出す
2699a413645b3afd97037b05296e9814.gif

ショートカットキー

Boostnote中で以下のショートカットキーが利用できます。

キー 動作
Ctrl + N ノートの作成
Ctrl + E Editorモードに切り替え
Ctrl + W Previewモードに切り替え
Ctrl + J 下のノートに移動
Ctrl + K 上のノートに移動
Ctrl + S 検索窓にフォーカスする
Ctrl + Del ノートをゴミ箱に入れる
Ctrl + F ノート内の検索ボックスを表示

UIのカスタマイズ

Menu->UIでUIのカスタマイズができます。
スクリーンショット 2017-01-21 23.34.51.png

Editorモードのテーマなどを設定できるます。VimとEmacsのキーマップに対応しています。

image.png

ここをvimもしくはemacsにしてBoostnoteをリロード(win/linuxならCtrl+R、macならCmd+R)すれば適用されます。

finder

finderを呼び出してファイルを検索し、エンターキーを押したらクリップボードにコピーされます。

4a52aacf9dd14c07150387ac73e9f149.gif

エディターモード

画像のドラッグ&ドロップ

Editorモード中に画像をドラッグ&ドロップすると/:storage/imagename.pngのような相対パスで画像が貼られます。
https://github.com/BoostIO/Boostnote/pull/730
この画像は設定したストレージのimagesフォルダにコピーされます。

00be270d78ed9b3632159f76e8f8fcc2

さらにLatexも使えます!
スクリーンショット 2017-01-22 2.04.41.png

$$$で囲ってやることによってtexを書くことができます。

$$$
\mathrm{e}^{\mathrm{i}\theta} = \cos(\theta) + \mathrm{i}\sin(\theta)
$$$

また、flowchart, Sequenceでグラフを書くこともできます。

(バッククウォートの前のバックスラッシュは無視してください)

\`\`\`flowchart
st=>start: Start:>http://www.google.com[blank]
e=>end:>http://www.google.com
op1=>operation: My Operation
sub1=>subroutine: My Subroutine
cond=>condition: Yes
or No?:>http://www.google.com
io=>inputoutput: catch something...

st->op1->cond
cond(yes)->io->e
cond(no)->sub1(right)->op1
\`\`\`

29246519-2d7f2032-8038-11e7-97e3-187d8aad18c4.png

下はSequenceです

\`\`\`sequence
Title: Here is a title
A->B: Normal line
B-->C: Dashed line
C->>D: Open arrow
D-->>A: Dashed open arrow
\`\`\`

29246524-673697ba-8038-11e7-8d4b-c747a6b9520f.png

plantumlにも対応しています。(v0.8.17から)
32479145-c9af2eda-c3cb-11e7-92f7-c7cda53f8e36.png

https://github.com/BoostIO/Boostnote/wiki/Diagram-support

エクスポート

v0.8.3時点でPlane text (.txt)Markdown (.md)へのエクスポートが可能です。

スクリーンショット 2017-01-22 1.31.47.png

プリント(pdf出力)

ノートのプリントをすることができます。
実際プリント自体を使う人よりpdfエクスポートとして利用する方が多いと思います。

28821469-80cdef58-76f0-11e7-9eaf-dddea71d3e84.gif

下は出てきたpdfと実際のノートのスクショです。

29104149-c1d04f3c-7cfe-11e7-945a-9d1dfbf51eef.png

29104166-d43a3e12-7cfe-11e7-9220-f48bbf6e4b4a.png

ノート

フォルダ

ノートをフォルダ分けします。フォルダは以下のようにして作ることができます。
56753fcf7f1e07064eb866fd98db4616.gif

また、フォルダ名(ここでは「新規フォルダー」)をクリックするとフォルダ移動できます。

タグ

ノートにタグをつけることができます。タグをつけるとそのタグの名前で検索することができます。
bc22b80fad7e8e697d440acf108d9ba8.gif

スター

スターをつけるとStarredに表示されるようになります。
aa0cf9bcf2cbdb0c50ad6e80a5a79cbd.gif

ゴミ箱

ノートをゴミ箱に入れることができます。ゴミ箱の中でもう一度ゴミ箱アイコンを押すと削除するかしないかのダイアログボックスが表示されます。

1-XxjxFpoT9RGmgDgFzdRWNg.gif

検索

ノート内の検索ができるようになりました。

20170722162359.gif

呼び出しはCtrl(Cmd)-Fでできますが、他のショートカットキーが普段使っているブラウザの挙動と少し違っているので表にまとめてきます。

ショートカット 機能
Ctrl(Cmd)-F 検索窓を開く
Ctrl(Cmd)-G 次の検索結果に移動する(ブラウザだとEnter)
Shift-Ctrl(Cmd)-G 一つ前の検索結果に移動する
Shift-Ctrl(Cmd)-F 現在の検索結果を置き換える
Shift-Ctrl-F/Cmd-Option-F 現在の検索結果を置き換える
Shift-Ctrl-R/Shift-Cmd-Option-F 全ての検索結果を置き換える

詳しくはこちら