VRTK (Virtual Reality Toolkit)が,Windows MRに対応したためセットアップ方法をまとめておきます.

動作を確認した環境

  • Windows 10 Home バージョン1709
  • Unity 2017.3.1f1
  • Visual Studio Community 2017 Version 15.6.2

必要なアセット

2018/05/02現在,Windows MRに対応したバージョンのVRTKがAsset Storeで公開されていないため,
GitHubのリポジトリをClone or downloadで直接ダウンロードする必要がある.

VRTK-Windows-MR-Extentionは,README.mdの'How To Use'セクションにある'releases'リンクからUnityパッケージをダウンロードする.

セットアップ方法

下準備

予め,Windows MRヘッドセットをPCで使えるようにセットアップしておく.
また,UnityとVisual Studioには,Universal Windows Platform (UWP)を開発するのに必要なパッケージをインストールしておく必要がある.

プロジェクトの作成とアセットの導入

  1. Unityで新規プロジェクトを作成.
  2. 上記リンクから必要なファイルをダウンロードする.
  3. VRTKリポジトリのAssetsフォルダーの中身を,作成したプロジェクトのAssetsフォルダーにコピーする.
  4. Unityで,VRTK-Windows-MR-ExtentionのUnityパッケージをインポートする.

プロジェクト設定

  1. Build Settingsを開き,Universal Windows Platformを選択して,Switch PlatformでプラットフォームをUWPに変更する.
  2. Player Settingsを開き,Other SettingsScripting Backend.NETであることを確認する.
  3. また,XR SettingsVirtual Reality Supportedにチェックが入り,Virtual Reality SDKsWindows Mixed Realityが入っていることを確認する.

動作確認

  1. VRTK/Examples/VRTK_SDKManager_Constructor.unityシーンを開き,再生する.
  2. ヘッドセットで映像が見えればここまでOK.
  3. シーンに含まれる[VRTK_SDKManager]オブジェクトをコピーする.
  4. 適当なシーンを作成してコピーしたオブジェクトをシーンに貼り付ける.
  5. SDKを切り替える必要がなければ,シーン中の[VRTK_SDKManager]/SDKSetupSwitcherを無効にする.
  6. シーンに適当にオブジェクトを配置し,再生して,ヘッドセットで映像が見えれば完成.

その後

以降は,Oculus RiftやHTC Viveを用いたときと同様にVRTKを用いて開発できる.
VRTKを使うと,簡単に手を使ってものを掴んだり投げたり出来るので便利.具体的には,参考リンクを参照.

参考リンク

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.