Help us understand the problem. What is going on with this article?

gitの初心者用コマンドまとめ

普段はGitクライアントソフトを使っていて、gitを使うときに忘れがちなのでまとめました。

初期設定

gitがインストールされているか確認

git --version

インストールされていたらログインする

git config --global user.name "your-name"  //登録している名前を入力
git config --global user.email "your-email" //登録しているメールアドレスを入力

最初の準備

作業しているフォルダに cd で入る

git init //gitのリポジトリが初期化されgitで管理できるようになる。

.gitディレクトリができる。このフォルダにはGitが動くのに必要な情報が入っています。
git status でワーキングディレクトリ内にある全てのファイルが表示される。

git remote add origin <URLの指定>

アップロードしたファイルをgitの管理対象から除外するようにする

セキュリティ上、共有したくないファイルなどは対象外にする

gitignoreの書き方

ファイルを指定: 対象のファイルが管理対象外になる test.txt など
ファイルの種類を指定: * をつける *.html など
ディレクトリを指定: 対象のディレクトリが管理対象外になる。末尾に / を付ける test/ など
コメントアウト: #

echoで追加可能(直接書いてもよい)

echo 対象外にしたいもの >> .gitignore

最初にリポジトリ登録(add)をしたあとで .gitignore に登録しても残ってしまうので、 git rm で削除することも可能
※ローカルには残っている

ステージングへ追加

すべてのファイルをステージングに含めたい場合

ファイルを監視対象に追加してから最初のコミットをします。追加したいファイルを git add コマンドを実行したあとでコミットを行う。
まとめて行う: . をつける
ファイル別にコミットしたい場合は、ファイル名を指定する: git add ファイル名

git add .

特定の拡張子のものだけにする場合

git add *.拡張子

メッセージの指定

<message> の箇所に入れたコメントがコミットのコメントになるので微妙なことを書くとあとで自分でもわからなくなりがちなので気をつける

git commit -m <message>

忘れずにプッシュする

プッシュしないとステージングにいるだけなので自分のマシン以外には変更がわからない
master はブランチ名。 git push origin HEAD でカレントブランチをリモートの同名ブランチにプッシュできる
origin はリモート名。リモートリポジトリのアクセス先に対してGitがデフォルトでつける名前で最初の準備で行った git remote add origin〜 のorigin

git push origin master

困ったときのコマンド

git config --list  //全ての設定項目を一覧する
git branch //自分のいるブランチに*がつく

git config --listなのですが重複した設定項目はすべて出力されるので注意。同一のキーが複数出ますが、その中で最後に表示された設定値が有効な設定値となっている

まとめ、
いつもアワアワしてしまうので気をつけたい

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした