Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS】S3の画像アップロードにて500エラー ArgumentError (Missing required arguments: aws_access_key_id, aws_secret_access_key)

原因の究明

本番環境でエラーが出る場合、原因が突き止めにくいのでローカル環境での見直し。
ローカルが上手くいっている場合は、本番環境への反映が上手くいっていない。
ローカルにてエラーが発生した瞬間のターミナルログを見ましょう。

500エラー

ターミナル
ArgumentError (Missing required arguments: aws_access_key_id, aws_secret_access_key):

この場合、aws_access_key_id, aws_secret_access_keyが上手くいっていない。

・そもそもキーが正しいか
・バックエンド側のAWSのkey辺りのコードを見直す。
・キーが反映されているかの確認をする。
・キーが逆になっていないかの確認も必ず。
(AWS_SECRET_ACCESS_KEYの方が長い)

# キーの確認
env | grep AWS
# 結果
AWS_SECRET_ACCESS_KEY=******************************
AWS_ACCESS_KEY_ID=*************

 
.zshrc又は.bash_profileに記述した場合のkeyが正しいかを見直す。

$ cat ~/.zshrc
# 又は
$ cat ~/.bash_profile

このエラーの場合、

ArgumentError (Missing required arguments: aws_access_key_id, aws_secret_access_key):

 
ローカル側にて、キーが反映されていない状態だった。
キーがある場合は再度、上記事項を確認する。

# キーの確認
env | grep AWS
# 結果

 
キーは何度も見直して大丈夫だったのでローカルにて.bash_profileの反映を試してみた。

# ~/.bash_profileの反映
$ source ~/.bash_profile

 
そうすると上手く反映された様です。

# キーの確認
env | grep AWS
# 結果
AWS_SECRET_ACCESS_KEY=******************************
AWS_ACCESS_KEY_ID=*************

違う事例だったとしても、ターミナルでこのエラーが出た場合はAWSのキー部分が問題なのでキーの反映部分で原因で広くはなさそうです。

このエラーの場合で、その他ありましたらコメント頂けると辿りついた方の助けになるのでぜひ。

 
 
 
:octocat: GitHub
https://github.com/aocattleya
🐦 Twitter
https://twitter.com/aocattleya

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away