JavaScript
HTML5
ライブラリ
ゲーム制作
phina.js

[phina.js-Tips] Tweenerで複数のプロパティを同時に変更する【by】

※これまでのTipsはphina.js Tips集にまとめています。

今回のTips

前回のTweenerで複数のプロパティを同時に変更する【to】は、目標の値を指定して移動回転などの複数プロパティを変更しました。今回は変化量を指定する方法を紹介します。

by.gif

[runstantで動作確認]

tweener.byメソッド

    // 複数プロパティを同時変更
    star.tweener.by({
      x: 200, y: 100,
      rotation: 90,
      scaleX: -0.5, scaleY: -0.5,
      alpha: -1.0,
    }, 3000).play();
  • toと同様に第一引数には、変更したいプロパティを{}で囲んで複数指定することができます。
  • toと異なり変化量を指定する必要があります。

サンプルコード

// グローバルに展開
phina.globalize();
/*
 * メインシーン
 */
phina.define("MainScene", {
  // 継承
  superClass: 'DisplayScene',
  // 初期化
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'black';
    // スター
    var star = StarShape().addChildTo(this);
    star.setPosition(320, 480);
    // 複数プロパティを同時変更
    star.tweener.by({
      x: 200, y: 100,
      rotation: 90,
      scaleX: -0.5, scaleY: -0.5,
      alpha: -1.0,
    }, 3000).play();
  },
});
/*
 * メイン処理
 */
phina.main(function() {
  // アプリケーションを生成
  var app = GameApp({
    // MainScene から開始
    startLabel: 'main',
  });
  // 実行
  app.run();
});