Xcode
Swift

URLSessionのメモ

More than 1 year has passed since last update.

Xcode 9.0.1でインターネットからダウンロードするときに使うコードのテンプレート。
doを使う処理との違いが分からないが、DispatchQueueを使うほうがダウンロードが完了しているため都合が良かった。

func getDataFromInternet(url urlString: String) -> Void{
    let url = URL(string: urlString)
    let task = URLSession.shared.dataTask(with: url!, completionHandler: { (data, response, error) in
        DispatchQueue.main.async(execute: { () -> Void in // 通信が完了したときに呼び出される
            if ((error) == nil) {
                // ここにダウンロードしたデータの処理を書く
            } else {
                // エラーが発生したときの処理を書く
                print("Error \(error?.localizedDescription)") // 未確認コード
            }
        })
    })
    task.resume()
}

※はてなブログからの引越し記事