pyenv
Python3
WindowsSubsystemForLinux

WSLを使えるようにするまでのメモ


目的


  • Windowsそのままだと使いたいツールが使えなさそう & VirtualBoxはファイルの移動とか面倒だったのでWSLを使えるようにする。

  • 目次


    • WSLでLinux環境を使えるようになるまで

    • Python環境を作る

    • (後日)いろいろカスタマイズする




WSLでLinux環境を使えるようになるまで


  1. MicroSoft StoreからUbuntuをインストールする

  2. Windows Subsystem for Linuxを有効にする

以下参考(ほぼコピペ)

https://qiita.com/yo_kanyukari/items/37421f497b7ffaa75502


Python環境をつくる


必要なパッケージを入れる

↓以下参考(コピペ)

https://www.python.jp/install/ubuntu/index.html

$ sudo apt update

$ sudo apt install build-essential libbz2-dev libdb-dev \
libreadline-dev libffi-dev libgdbm-dev liblzma-dev \
libncursesw5-dev libsqlite3-dev libssl-dev \
zlib1g-dev uuid-dev tk-dev

sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev \
libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev \
xz-utils tk-dev libffi-dev liblzma-dev python-openssl git


pyenv + Pythonを入れる


  1. pyenvを導入

  2. pyenvを使って、ほしいpythonの環境を入れる(めっちゃカンタンでおすすめ)

  3. pythonのバージョンを切り替える


pyenvを導入

↓以下参考(コピペ)

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile


2. pyenvを使って、ほしいpythonの環境を入れる

pyenv install 3.7.2


3. pythonのバージョンを切り替える

yenv global 3.7.2

pyenv rehash

他のバージョンを使いたいときも以下でイケる。

3.4.3を入れたけど、SSLモジュールの問題があるらしくすんなりいかなかったので諦めた。

pyenv install pypy3.6-7.0.0

pyenv global pypy3.6-7.0.0
pyenv rehash