JavaScript
初心者
変数

Java Scriptの基本と変数


◎基本記述◎


文字列の基本

console.log(“あいうえお”);



数値を文字列として出力する

console.log("23+5”);



文字列の連結

console.log("にんじゃ”+”わんこ”);

⇨ にんじゃわんこ
console.log(“A”+“B”+“C”);
⇨ ABC


数値の計算

console.log(23+5);



掛け算

console.log(23*5);



割り算

console.log(23/5);



余りの計算

console.log(23%5);



文字列と数値の違い

console.log(3+5);        35

console.log(3+5); 8



◎変数◎

変数とは、データ(値)の入れ物。

箱に付いている名前が『変数名』であり、箱の中の実際の値(文字列や数値など)が入っている。


変数の定義


「var変数名=値」で定義

var name = "Jhon";



変数の使い方

var name = "Jhon";

console.log(Jhon); Jhon
※”Jhon”クォーテーションで囲んでしまうと、文字列として出力されるため注意


変数と文字列の連結

var massage ="こんにちは、";

console.log(message + にんじゃわんこさん");


なぜ変数を使うのか


  1. 同じ値を繰り返し使える

  2. 変更に対応しやすい

  3. 値の意味がわかりやすい

写真 2018-10-14 17 21 46.png

写真 2018-10-14 17 21 43.png

写真 2018-10-14 17 21 40.png


変数の更新⑴

var number = 7;             7

console.log(number);
number = 9;
console.log(number);


変数の更新⑵

var number = 2;

console.log(number); 2

number = number + 3;
console.log(number); 5


※省略した書き方

写真 2018-10-14 17 44 10.png


(例)

var width = 7;

width5を足してください
width + = 5;