2017.7.26 に Women Who Go Tokyo #14でやった内容です。
@tenntennさんのコマンドラインツールを作ろうというコードを使って、ハンズオンを実施しました。
その際に学んだTIPSをまとめました:muscle:

はじめに

まずはじめに、ワークスペースのディレクトリ構成について。
$GOPATH配下には、3つのディレクトリができます。
各ディレクトリは、下記のような役割を持っています。

$GOPATH
 ├ bin/
 ├ pkg/
 └ src/

  • bin : ソースコードをビルドした後に生成される、実行ファイル(バイナリファイル)が入るディレクトリ。
  • pkg : ソースコードをビルドした後に生成される、中間生成ファイルができるディレクトリ。packageの単位でファイルが作られる。binにはこれらのファイルを一つにまとめたファイルが入る。
  • src : コンパイルをする前のソースファイルが入るディレクトリ。

Goコードの書き方にも載っています。

STEP 1: go installしてみよう

ハンズオンでは、go installを使ってソースコードのビルドを行ないました。
Goでは、3種類のビルド方法があります。

  • go run : ソースコードを随時コンパイルして実行する。差分ビルドしてくれる。開発時によく利用する。
  • go build : ビルドしたコードを他の人に渡す時などに利用する。
  • go install : binフォルダにバイナリファイルがインストールされる。他のひとが作ったバイナリをやり取りする時などに利用する。

STEP 2: コマンドライン引数を取ろう

osパッケージを使って、コマンドラインから引数をとりました。
osパッケージには、osに関わる関数がまとまっていて、chmodmkdirなどunixコマンド風の関数があります。
osパッケージのGoDocに関数の一覧が載っています。

まとめ

今回はSTEP 2まで実践しました:relaxed:
次回はSTEP 3に取り組んでいきます:muscle:

SPECIAL THANKS @MakoTano さん、ありがとうございます。