parcel

触ってなかったので、触る。
基本的にQiitaの記事なんて見ずに公式のリファレンスを見るのが一番。

https://parceljs.org/

インストール

yarn global add parcel-bundler

ビルド

yarn add react react-dom
yarn add --dev typescript @types/{react,react-dom}

index.htmlのエントリーポイントを作ってあげればあとはparcelでそれを指定してあげるだけ。

index.html

<div id="app"></div>
<script src="./src/index.tsx"></script>

tsconfig.json

{
  "compilerOptions": {
    "jsx": "react"
  }
}

App.tsx

import * as React from 'react'

export interface Props {
  name: string
}

const App: React.SFC<Props> = ({ name }) => (
  <div>
    <h1>Hello {name}</h1>
  </div>
)

export default App

index.tsx

import * as React from 'react'
import * as ReactDom from 'react-dom'
import App from './App'

ReactDom.render(<App name="test" />, document.getElementById('app'))
$ parcel ./index.html
Server running at http://localhost:1234
✨  Built in 556ms.

気持ち

ゼロコンフィグを謳っていることあって設定なしで非常に簡単に検証環境を構築できる。結局、開発時には色々webpackで処理を挟みたくなるが、初速が高速になるのと、コンフィグが容易なので、検証環境においてはcreate-react-appより便利だと思うので、積極的に使っていきたい。