Help us understand the problem. What is going on with this article?

IT女子のゼロから始めるIoTーステップ4: Raspberry Pi2で手作り人感センサーを作成しました!

More than 3 years have passed since last update.

今回は動くものを作りたい・・・!ということで、
光センサーをつかった手作りの人感センサーを作成しました!
今回作成したのは、
人が手を伸ばしたり動いた、ということを感知して、
RICOH THETA Sのシャッターを押すというものです。

例えば小売の店舗などで、棚に手を伸ばした瞬間、とか、
ある瞬間にシャッターを切るという仕組みをつくってみました!

用意したもの

人感センサーの仕組み

  • 光センサーとLEDを使って以下のように設置する
    • 間に障害物があるとセンサーの値が小さくなる
    • センサーの値の差分を取得して、障害物が入ってきたこと(人の動き)を感知
  • スライド2.jpg

システム全体図

  • 矢印の方向へ手を伸ばす
  • 光センサーが値をキャッチする
  • THETAのカメラへ命令を投げてシャッターを押す

  • システムの図.jpg

ソースコードサンプル

filename
require 'pi_piper'
require 'net/http'
require 'json'

def takePucture
  http = Net::HTTP.new('xxx.xxx.x.x', xx)
  JSON.parse(http.get("・・・・・").body)

// THETAのdevelopersサイトにAPIが載っています
 (略)
end

beforeValue = 0;
loop do
  value = 0
  PiPiper::Spi.begin do |spi|
    raw = spi.write [0b01101000,0]
    value = ((raw[0]<<8) + raw[1]) & 0x03FF
  end
  if beforeValue - value > 20 # ここでセンサーの値の差分を取得
    takePicture               # 検知したらTHETAのシャッターを押す
  end
  beforeValue = value
  sleep(1)
end

完成!

簡単に人感センサーを手づくりできちゃいました!
(電子工作入門キットだけで挑戦できてしまうのでオススメです!)

aikumi
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした