Linux
Ansible

Ansibleでカーネルチューニング

More than 1 year has passed since last update.

LinuxのカーネルパラメーターやPAM limitsの設定は、大規模なサービスで抜けが発生すると大変な事になるので、Ansibleで一気に適用してしまいたい。最近のバージョンではどちらも専用のモジュールが用意されているため、備忘録がてら記載しておく。

カーネルパラメーター


sysctlモジュールを使用する事で、/etc/sysctl.confを編集できる。
デフォルトで設定は即時反映される。

- sysctl:
    name: "{{ item.name }}"
    value: "{{ item.value }}"
    state: present
    ignoreerrors: yes
  with_items:
    - name: net.core.somaxconn
      value: 8192
    - name: fs.file-max
      value: 5242880

PAM limits

pam_limitsモジュールを使用する事で、/etc/security/limits.confを編集できる。
なお、PAM認証を介さない制限には当然ながら使えないので、nginx等のdaemonの制限は別途行う必要がある事を忘れずにおきたい。

- pam_limits:
    domain: "{{ item.domain }}"
    limit_type: "{{ item.limit_type }}"
    limit_item: nofile
    value: 655360
  with_items:
    - domain: root
      limit_type: soft
    - domain: root
      limit_type: hard
    - domain: "*"
      limit_type: soft
    - domain: "*"
      limit_type: hard