Git
GitHub
github-pages

github-pages導入手順

More than 5 years have passed since last update.

pasberth氏のレクチャーのもと、

github pageをオープンできるようになったので、忘備録。

GitHubにアカウントを作って

メールアドレスの認証(verify)を事前に済ませていること前提。


//GitHubにてリポジトリを作成
https://github.com/new

//自分のローカルディレクトリを作成し、リポジトリを取得する(sampleRepoを作った場合)

git clone https://github.com/<accountName>/sampleRepo.git
cd sampleRepo
touch README.md
git add README.md
git commit -m init

git push origin master

これからリポジトリに新しくなにかファイルを追加したかったら

git add <filename>

git commit -m "add <filed>"
git push origin master

//試しに hello world と書かれた html を追加した場合
echo hello world > index.html
git add index.html
git commit -am "add index.html"
git push origin master

この index.html を

GitHub pages を利用してWeb上に公開します。


http://<accountName>.github.io/sampleRepo/

(今はまだ GitHub pagesを使えてないため、404の状態)

いま作った index.html を GitHub pages を使って公開するには,

git branch gh-pages

git push origin gh-pages

上記のコマンドを入力した後、URLを叩いて「Hello world」が表示されれば成功。


gitのコマンドの学習と

どういうサイトを作ろうかっていうのを考えないといけない