Edited at

4年勤めたNTTを退職して1年が経ちました


はじめに

こんにちは、ZOZOテクノロジーズでデータエンジニア、MLOpsエンジニアをしている@__isssseyです。

SIerからWEB業界に転職して1年が経ちました。SIer時代は4年間WEBサービスの開発、運用をしていました。その後ZOZOテクノロジーズで1年間、データ分析基盤、機械学習基盤の開発・運用を行なっています。

かの記事を参考にしたタイトルですが、退職したのは研究所ではなくシステム会社です。盛ってすいません。

転職後ちょうど1年経ったので、その中での気づきを共有します。


SIerの良さ


新人教育の充実

私はSIer時代もプログラミングをしていましたし、現職でも必要に応じて一人でシステム開発を行えます。

しかし私は文系学部出身で、学生時代はDVDのダビングが最大のスキルでしたし、コンピューティングなにそれ状態でしたし、アルバイトも長く続かず転々としたり、社会人としての素養もゼロに近かったです。

ここから紛いなりにもエンジニアと銘打てるスキル、経験が身についた状態にまでなれたのは、偏に新人研修、新人教育のおかげです。

明確な教育目標があり、それを達成するための研修専門の子会社まであり、現場に配属されてからも先輩がOJTとしてつき日々のアドバイスをもらえる環境でした。

事業会社はWEBサービスなどを持っていてそこからお金が生まれますが、SIerにとっては人材そのものがサービスなので、サービスの価値向上のため人を育てることはきっちりしている印象があります。


プロジェクトマネジメント力が高い

大規模システムを作る能力、息の長いプロジェクトを完遂する能力は圧倒的にSIerの方が上です。

ピラミッド構造は業界の負とも言われていますが、SIerには人員調達できる仕組みが整っていて、突然アサインされた人を管理する能力もあります。

また個人差あると思いますが、突然アサインされた人も短期間で仕事・環境に順応できる能力がある人が多いと感じます。

ちょっとソースを思い出せなくて恐縮なのですが、「一軒家を立てるスキルと、高層ビルを立てるスキルはまるで違う」という記事にあったように、近年のシステム開発では、一軒家を作って売ってから離れと庭を作るようなスモールスタートな手法が流行りですが、一軒家をいくら頑張って拡張しても高層ビルにはなりません。

高層ビルを作るには各専門家が集まって設計し、計画を立て、状況に応じて人員を増減させて開発して、それを管理していくことが必要ですし、それはSIerの得意な部分です。先の某メガバンのリプレイス案件のような大規模SIも「Done is better than perfect.」の精神では完遂できません。


事業会社のよさ


(若手でも個人として)大きな仕事ができる

「大規模プロジェクトに携われるのは御社しかありません」と私は面接で言いました。これの意味するところは、「大きなプロジェクトに入って、大きな裁量を持って、大きな成果を上げること」を想定していたと思います。

しかしSIerでは、若手のうちは「大きなプロジェクトに入っても、サブプロジェクトの一員として、全体感がわからない仕事をする」こととなります。よく考えれば当然ですが、2,3年目のの右も左もわらかない見習いが、管理だったり、全体のマイルストーンとなるような仕事にアサインされることはありません。

事業会社では(企業によっても差異はあるでしょうが)、大小のビジネスに紐づく案件があり、その中の一つを全部担当することになります。PMは自分です。設計者、作業者も基本自分です。


技術選択の裁量が大きい

事業会社にとってSIは手段であり、目的は自サービスの売上アップです。そのための技術選択は基本的に自由なイメージがあります。当然、近いシステムが全てAWSに乗っているのに、GCPを選択できないみたいなものはあると思いますが、基本的に自由です。

また、事業会社はSIerとは異なり、人が欲しいからと言って来週から5人増員されることはありません。開発・保守を限られた人的リソースで行う必要があります。そのため、最新のサービスはより便利で開発・保守量を削減できるに違いないとの思想のもと、最新のサービスが採択される傾向にあると思います。

また上記の理由からか、最新サービスの情報取得への貪欲さみたいなものが高いです。


ビジネスに近い

日本の金融・公共の大規模SIをあらかたやり尽くした感のあるSIerは、海外・法人領域に攻め入る戦略をとることが多いと思います。その中で法人のSIを行うには、各企業のビジネスドメインの理解が欠かせません。また、法人にはシステム部があるので、一緒に働くことも多いです。

ビジネスドメインの勉強をして、社員と同じように働いていると、俺ってどこの人なんだっけ?と自分の人格はどこにあるのかを迷ってしまいます。

事業会社に入れば、当然そのビジネスドメインで仕事ができ、さらに職種を超えたつながりを得ることができます。例えば、デザイナーたったり、プランナーだったり、マーケターだったり。一緒にビジネスを作っている感は事業会社のほうが大きいです。


4年勤めたNTTを退職して1年が経って感じたこと


技術力なんて持っていなかった

我々がドキュメントの体裁を整えているとき、彼らはずっとプログラムを書いています。

打鍵でテストしてるとき、テストの自動化をしています。クラウドサービスのイベントで最新の情報を手に入れ、無邪気に試してみてます。

前職ではどちらかというと技術力をつけるよう教育してもらいましたが、全然足りません。


マネジメント能力で戦える

一方で彼らは綺麗なV字モデルでの開発経験はありません。

システムの仕様に関してお客様と揉めた経験もありません。

基本設計と詳細設計の境目が明確ではありません。

専業のPM/PLの芸術ともいえる美しいプロジェクトマネジメントを間近で見たことがありません。

これらの点から、工程定義の能力、調整能力、段取り、整理する能力、伝える能力など、所謂社会人基礎力のようなものはSIer出身者のほうが勝っていると感じます。


隣の芝は青いんやで

私は転職してよかったなと思えているものの、当然イメージと違う点も多く存在します。最新の設備で最新の技術を使って自由に開発する!みたいなノリで転職してしまうと痛い目を見ます。SIerよりも悪い環境を自分で整備していく必要もあるかもしれません。自由と無法地帯は表裏一体です。

また、外からSIerをみると面白い取り組みをしているプロジェクトも多くあります。それをしているのが前職であることも多くあります。

事業会社は転職歓迎感があるものの、元請けSIerは新卒プロパーの価値がいまだ高く、後悔して戻っても同じルートに乗れるかわかりません。

結局隣の芝は青く、相手がよく見えてしまうものです。


まとめ

人のことを言えたものではないですが、SIerから事業会社、大企業からベンチャーへの転職が多く、多くの退職エントリでSIerがディスられる傾向にあります。

しかし、日本のシステム開発を支えてきたのはSIerですし、改善すべき部分は多くあれど、ノウハウも大量に溜まっていますし、優秀な人も多いです。

SIerから事業会社への転職を考えている方は参考にしていただき、正しい転職なのかを再考していただければと思います。

以上、退職日に思っていたことと、1年経ってから見た世界は多少違うよという話でした。


告知

Twitterでもいろいろと発信していますので、よろしければフォローお願いします。

@__issssey


発信していること


  • 文系でエンジニアになってZOZOの機械学習界隈で働くまでのキャリア

  • データエンジニアという仕事の魅力

  • Qiita、テックブログへの投稿のお知らせ

  • データエンジニア、MLOps界隈のニュース