Edited at

MacにPython3.6.5をインストールしPATHを設定する

More than 1 year has passed since last update.


概要

MacBook Proを新たに購入したので、諸々環境構築の手順をまとめておきます。

デフォルトではPython2.7系が入っていたので、今回は、Python3.6.5(現在の最新バージョン)のインストールです。


動作環境


  • MacOS High Sierra (バージョン10.13.4)

  • Homebrew 1.6.8


インストールの手順


  1. pyenvのインストール

  2. Python3.6.5のインストール

  3. Python3.6.5のGlobal設定

  4. PATHの設定


1. pyenvのインストール


~

$ brew install pyenv

$ pyenv versions
* system (set by /Users/***/.pyenv/version) # ***にはユーザ名が入ります

pyenvがインストールされました。

ホームディレクトリ内に~/.pyenvフォルダが存在します。


2. Python3.6.5のインストール


~

$ pyenv install 3.6.5

$ pyenv versions
* system (set by /Users/***/.pyenv/version)
3.6.5

Python3.6.5がインストールされたことがわかります。

--2018/9/2追記--

下記のようなbuildエラーが出た場合、xcodeのコマンドラインツールが入ってない場合があります。

BUILD FAILED (OS X 10.12.6 using python-build 20180424)

以下のコマンドでコマンドラインツールをインストールしてから再びpythonのインストールを試して見ましょう。


~

$ xcode-select --install



3. Python3.6.5のGlobal設定


~

$ pyenv global 3.6.5

$ pyenv versions
system
* 3.6.5 (set by /Users/***/.pyenv/version)

これで、ローカル環境では、先ほどインストールされたPython3.6.5が使えるようになります。


4. PATHの設定


~

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile

$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.bash_profile

ホームディレクトリ下の~/.bash_profileに上記の設定を書き込みます。


~

$ source ~/.bash_profile

$ python --version
Python 3.6.5

.bash_profileに書いた設定を読み込み、Python3.6.5へ切り替えが完了しました。