Edited at

Tech-circle #4 Consulハンズオン 準備編

More than 3 years have passed since last update.


Tech-circle #4 Consulハンズオン -準備編-

実施予定時間

18:30 - 19:30

本記事は、ネットワーキングタイムで実施する前準備環境構築内容です。

ご自宅等で事前に準備していただくことも可能です。

[Link]

準備編

ハンズオン編



※先へ進む前に 

本稿の最終目的は、ご自身のPCで仮想サーバ(Ubuntu 14.04 amd64)が動作する事です。

これから事前準備の手順を記載致しますが、既にVMWarePlayer(Fusion)やVirtualBox等の仮想化ソフトがインストールされているPCをお持ちの方もいらっしゃると思います。

手順をタグで分け記載していきますので、未導入であれば手順を基に準備を行って下さい。

また、不明な場合は当日18:30から開始されるネットワーキングタイム中でも実施可能です。



1. PCにVMWarePlayer(Fusion)やVirtualBoxがインストールされていない場合

下記何れかから仮想化ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

- VirtualBox

Tech-Circle #2 事前作業でのインストールも可能です(上級者向け)


※ 2 - 7の手順を、Vagrantで簡単に作成する

本日参加予定の@ariarijp 様 にハンズオン準備用Vagrantファイルを作成して頂きました。

ありがとうございます。

Tech-Circleは本当に皆様の協力によって活動出来ているのだと思います

※ 下記手順にて、Ubuntuサーバの作成が完了した場合はハンズオン実践に移ります

※ うまくいかない場合は、通常手順を実施してください。


* windows


1. ディレクトリ作成

mkdir C:\work\vagrant\tech-circle


2. Vagrantファイルダウンロード(git cloneでもかまいません)

https://github.com/ariarijp/tech-circle-consul-hands-on/archive/master.zip


3. 展開したファイルをtech-circleディレクトリへコピー


4. コマンドプロンプトから下記実施

cd C:\work\vagrant\tech-circle

vagrant up


* Mac / Linuxの場合


ディレクトリ作成・git clone実施・vagrantupまとめて。

$ mkdir -p $HOME/work/git

$ cd $HOME/work/git
$ git clone https://github.com/ariarijp/tech-circle-consul-hands-on.git
$ cd tech-circle-consul-hands-on
$ vagrant up


2. UbuntuServer 14.04をインストールする場合

下記内容にてインストールを実施して下さい。

内容

Ubuntuバージョン
Ubuntu Server 14.04.2 amd64

仮想CPU
1 core以上

仮想メモリ
1GB 以上

HDD
15GB以上


VirtualBoxやVMWarePlayer(Fusion)へUbuntuServer 14.04 amd64のインストール方法が分からない場合

お近くのTechcircleスタッフへお声掛け下さい。


-- 以下より仮想サーバ(Ubuntu)での作業となります。 --


4. dockerインストール

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install curl
$ curl -sSL https://get.docker.com/ubuntu/ | sudo sh


インストール後の確認

$ sudo docker version

sudo: unable to resolve host consul-master
Client version: 1.5.0
...

古いバージョンの場合、execコマンドが使えませんのでこの先のハンズオンへ影響が出ます。


5. Containerベースダウンロード

$ sudo docker pull bsmile/consul-handson


6. ファイアウォール有効化

$ sudo ufw enable

Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)? y
Firewall is active and enabled on system startup
$ sudo ufw allow 22/tcp
$ sudo ufw allow 8500/tcp
$ sudo ufw allow 10080/tcp
$ sudo ufw allow proto tcp from 172.17.0.0/16 to any port 2375

ポート
役割

22/TCP
ubuntuサーバへssh接続する為のポート

8500/TCP
consulのweb-uiを使用する場合に用いるデフォルトポート

10080/TCP
dockerコンテナ上で立ち上げたnginxの80/tcpポートを
フロントへNATした時に利用するhttp試験ポート

2375/TCP
docker Remote API使用時のポート


7. docker起動時のオプション設定

Remote APIを有効化し、consulサーバからのコンテナ編集を受け付ける


  • DOCKER_OPTSにオプションを追加する

$ sudo /bin/su -c 'echo DOCKER_OPTS=\"-H tcp://0.0.0.0:2375 -H unix:///var/run/docker.sock --dns 8.8.8.8\" >> /etc/default/docker'

sudo: unable to resolve host consul


  • docker再起動

$ sudo service docker restart

完了した方からハンズオン実践に移ります