Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

在宅3ヶ月が経過した新卒が慣れてきて思うこと

嵐の新卒

今年はコロナウイルスの影響で数多くの新卒が入社直後から在宅勤務を行っていると思います。
僕もその中の一人なのですが在宅勤務もそろそろ3ヶ月が経過し、自分のデスク周りがどんどん快適になり、世の人間の声にはノイズが混ざることが普通だという認識に変わってきました。
あまりの快適さにむしろこのまま会社行かなくていいんじゃないかという気さえしていました...が、

LT初心者向けコミュニティを立ち上げたので、LTの準備方法とテンプレートを紹介という記事を見かけたのと、ちょうどつい先日外部のイベントに参加し、社内LTを行った時に色々感じたことがあったので記します。

研究室にいた頃と変化しない意識

まず、今年はかなり奇妙に学生から社会人としての立場に変化したと思います。
僕自身、社会人としての意識を育むための研修がオンラインで行われ、その後配属チームからのタスクが降ってきてこなす日々をここ3ヶ月行ってきました。
はじめは、これは仕事だ...!という意識があったのですがもう3ヶ月も経つと学生時代の研究と同じ意識になりつつあります。

学生時代    社会人
研究テーマの進歩を生む タスクの進歩を生む
教授に報告、相談 メンターに報告、相談
アドバイスもらう コードレビューをもらう
進歩を生む 進歩を生む

環境にもよると思いますが僕の場合流れはこんなところです。
これを家でひたすらやってるので意識が変わる瞬間って毎月給料日くらいでした。

本題

先日参加させていただいたイベントではDevSecOpsという運用モデルについての話があったのですが(内容に関してはまた別記事で書くつもりです)、その中で経営側視点での問題などもいくつか聞かせていただきました。

この経営側視点というところですが、家に引きこもって仕事をこなしているだけじゃあまり考えない点(というか知らない点)だと思います。しかしよく考えると実際に仕事には多く影響している部分が大きいと感じました。

まず、僕が大学生の時は結果はもちろんですが、かなり過程も重要視されていた気がします。
それに対して仕事ではいくら中身のコードをいじってよりよくわかりやすいものに変えてもそれってユーザーにとって意味あるの?とかデグレさせたくないし...と結果のみを求められる気がします。
ビジネスサイドとの会議でその要件この前なかったのになんで急に変更するんだ??と半ば怒りながら修正を行ったこともあります。

でも実際にリアルな声を外部から聞いたり、大先輩のエンジニアの方からそういう話を聞くと会社だから経営サイドがそう考えるのは当然だなとに改めて気づかされたりもしました。
こういう当然じゃね?みたいなことが在宅しかやっていないと意識にあまりないしあっても消えていくんですよね...

チームは想像より大きかった

また、これはLTを行った後のことなんですが、全く面識のない社内の先輩方からかなりのコメントをいただけました。内容的にはCTFやセキュリティ関連がメインだったので興味のある人や前職セキュリティエンジニアやっていましたって人の反応が多かったです。

他部署の使用している技術のシェアなどもいただき、これまで自分の所属しているチームが全てだったのに対して、会社全体が1つのチームとして動いているんだなとここでようやく実感した気がします。
それと同時にどこの誰がどういう人間で、どのような技術に長けているかを全く知らないということにここで気付けたので、自分と同じような境遇の新卒エンジニアは在宅期間だからこそLTなどの場に挑戦してみると格段にコミュニティが広がると思います。

総括

新しく在宅のここ難しいなって感じた点ですが、業務外の知識に関して何かを得たいと思う時の情報収集が非常に難しい気がします。
知識のあるであろう先輩方とコンタクトを取ることは在宅のみを経験している新卒エンジニアには難しく(誰がどういう人か全くわからない)、外部のカンファレンスの情報も回ってきづらいです。

上記に載せたQiitaの記事ですがこういう試みは今年の新卒にとってとてもありがたいものだと感じました。
他にもこのような物があればコメントやツイッターで是非教えてください。

ZER0NE
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away