Git

git でのリモートとのやり取り

以下、リモートリポジトリはRRとする

RRの管理

  • git remote add RRname URLtoRR でRRに名前をつけられる。origin はclone した際に自動的に割り当てられる名前
  • git remote rename oldRRname newRRname でリネーム
  • git remote rm RRname でRRの削除(実際にリポジトリの実態が消えるのではない)

RRからの読み込み

cmd 説明
fetch リモート上のすべての情報を取得
pull fetch + merge

ブランチの取り込み

RRのブランチに対応するローカルのブランチを追跡ブランチ という。追跡ブランチではpull/push に際して引数を省略できる
作り方は以下のとおり

  • git checkout --track origin/branch #(version 1.6.2 or later)
  • git checkout -b branch origin/branch ここではローカルのブランチ名がRRのブランチ名と違っていてもいい

RRへの書き込み

git push RRname branch を使う

RRの調査

  • git remote show RRname
$ git remote show origin
* remote origin
  URL: git://github.com/schacon/ticgit.git
  Remote branch merged with 'git pull' while on branch master
    master
  Tracked remote branches
    master
    ticgit