Edited at

MacのPCを買って最初にやる環境設定

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

自分はいつもPC(Mac)を購入したら、最低限揃える環境があり、

毎回行うので備忘録としてまとめた。


入れるソフトウェア

デフォルトのターミナルより、使いやすい

iTerm2

https://www.iterm2.com/

PHPやHTML/CSSとJSを書くために

eclipse

(最新バージョンは、Neon)

http://www.eclipse.org/downloads/

iOSのアプリ開発のためXcode

https://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12

Androidのアプリ開発のため

Android Studio

https://developer.android.com/studio/index.html

VRアプリ開発のため

Unity

https://unity3d.com/jp/get-unity/download

をインストールしている。

あとは、MAMPっていうものも入れたりする。

MAMP(マンプ)は「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字を合わしたもので、このMAMPはPHPの開発環境として使われるのだが、MySQLも一緒に使えて便利です。

データ送信に使うFTPインストールや、SQLデーターベースの構築準備など

難しいところを自分であれこれ考えなくても、ある程度良い感じにやってくれるとてもいいやつ。これ一つでがっつりした環境が一つ出来上がるので魅力的。


使用できる開発言語

これで言語的には、

iTerm2でvim使えるし

pythonやRubyもデフォルトで入ってるからかける。

eclipseで

Eclipse RSE Pluginという

リモートシステムエクスプローラー使えば

自分が開設したさくらのサーバー上の

ファイルをPHPやJS(HTML/CSS)でかける。

XcodeでSwift(Objective-C)もかけるし、Android Studioでも Javaがかける。

UnityではJSとC#をかける。

結構色々と言語を使えるものがこれで揃う。


使える言語まとめ

HTML

CSS
JS
PHP
MySQL
C#
Java
Python
Ruby
Swift
Objective-C

 (Pythonは機械学習で勉強するときに使えるライプラリがかなりあるので、ディープラーニングとかの勉強するのにも とても良い。)


最後に

バージョン管理には、gitをいつも使うので、

基本git initしてからプロジェクトの作成を始める。

ちなみに、今の自分の使っているPCは

MacBook Airだが、容量的にはこれだけ入れても重くはなってない。

(開発をガンガンしていて、大きなファイルがたくさんできてきたら別だが)

あとは、デザイン系では

Sketchとイラレとかは入れる時もあるが、これはMacBook Proの時のみ。

スクリーンショット 2017-06-18 18.00.04.png  スクリーンショット 2017-06-18 18.00.16.png

LICEcapというデスクトップ上での動きをキャプチャーできるものも

よく記事の中でgifとかをあげるのでインストールする。

スクリーンショット 2017-06-18 18.00.11.png