アウトプット

iPad ProとApplePencilの力で、ノーモア時間泥棒の絵を描いてみた。エンジニアこそデバイスに依存した自己表現をすべき。

iPad ProとApplePencilの力で、ノーモア時間泥棒の絵を描いてみた。エンジニアこそデバイスに依存した自己表現をすべき。

image


ためしがき

今日あった良かった事は、世の中の「時間泥棒」についてTwitterで他のかたとやり取りをして、iPad Proの試し書きができたことだ。

ノーモア映画泥棒って言う映画のWARNINGのようなものが関西にはあるんだけど、全国区なのかわからないい。それのコラージュで、のも時間泥棒と言う絵を1分ぐらいで書いてみた。


やり方

やり方は、iPad ProでApple Pencilを使って絵を書いて、その画像をTwitterに送るだけだ。だけどこうやってデバイスに慣れ親しんで、いつでもスピーディーに使える体制を整えておくと、何か喋りたいとか描きたくなったときに一瞬でそれを形にできるのが本当にすばらしい。


iPhone MacBook Ipad Pro がアウトプット表現のチャンスを変える

iPhoneやiPadやMacBookを使っていて良いと思うのは、自分が表現したくなったときに表現できると言うことなのだこれ。

最初の環境設定とか使い慣れるまでの苦労はすごくストレスフルだけど、手足が自由に動かせて、ちゃんと表現やアウトプットをすることができたときはなかなか良い快感があるな。

だから本当に僕ら、特にアウトプットやクリエイティブなことをする人は、自分が思った時に、自分が思ったようなことを表現できる体制と言うのは、たとえどんなに苦労しても整えておくべきなんだと思う。

そうしないと手足が動かせないまま、やりたいことをやりたい時にできないと、アイディアも泡沫のように消えてしまうし、なんとも人生がはかなくもったいないじゃないか。

と言うことで、1年ぐらいは買うの迷ったiPad Proだったけれど、表現の自由のためにお金を出して買って本当に良かった。そう思った話でした。


エンジニアと何が関係あるって?

エンジニアは主に手先が不器用だからこそ、iPHone音声入力や、iPadProなどのデバイスを使いこなしていったら良いじゃないかな。


https://twitter.com/yumainaura

https://github.com/YumaInaura/YumaInaura/issues

https://github.com/YumaInaura/YumaInaura/issues/343