matlab
Octave
python3
Mathematica
Maple

[パロディ]今後置き換えられる科学技術計算言語と置き換わる科学技術計算言語

経緯

今後必要になるプログラミング言語にあやかって.パロディと独断と偏見です.

「実際にユーザがそれを使い続けるか」ではなく,「同じ計算を行うのにわざわざ高いお金を払うか」で選んでます.

今後置き換えられる科学技術計算言語

MATLAB
Mathematica
Maple

でしょう.これらの共通点は「商用」です.最近Pythonに触れて「科学技術計算言語が商用じゃないと役に立たない時代は終わった」と感じています.

Mathematicaなんてバンドルで無料にしています.

今後多用される科学技術計算言語

Python3
Julia
Scilab
Octave
maxima

あたりですかね.正直ScilabやOctave,Maximaは怪しいです.リリースされて年数が経過しているにもかかわらず今でもMATLABやMathematicaが大きなシェアを持ってますから.

Juliaはこれからだと思います.プログラミング大好きなド変態友人が自分におすすめしてきたのと,Qiitaでも記事をちらほら見かけるので急速に拡大しつつある言語だと思います.実行速度速いし.

Pythonはみなさんもご存知の通り,近年急速に拡大している言語ですね.ライブラリの豊富さではもうMATLABを追い越しているのでは?重複が増えすぎて飽和しないよう注意が必要な気もしますが.

いくつかの反論のために書いておく.

「Python遅いじゃん.」

えぇ確かに.本家から入れると遅いですよ.ですが,Anacondaというものがありましてですね・・・・

あと,Intel Distribution for Pythonというものがありまして・・・

これらは行列計算にMATLABと同じMKL(Math Kernel Library)を用いています.MKLについては自分で調べてください.

「フリーソフトってどうなのよ.」

コレ読んで.

「MATLABにはSimulinkがある!」

ScilabにもXcosがある!!

「Lispは!?」

書きにくいよ・・(偏見

みなさんの意見は・・・

どうでしょう?「プログラミング言語」でなく「科学技術計算」にしぼった記事があってもいいかなと思って書きました.

本当に独断と偏見です.コメントになんでも書いてください.