Help us understand the problem. What is going on with this article?

低スキルな情報系学生がOSC広島に参加した感想

背景

後輩からの勧誘で,オープンソースカンファレンス広島に参加しました.

OSC2019_Hiroshima_poster.png

このキャラクターは「水面(みなも)ちゃん」と呼ぶのだそうです.好奇心に溢れた未来感のある絵で可愛いですね.

もともとオープンソースに興味があったことと,音楽信号処理のライブラリをC言語でオープンソース化したいという夢があるので,どんな内容なのか知りたくて参加してみることにしました.

今回はその感想をつらつらと綴ります.

意外にも学生が多い

学生が意外と多い印象でした.大学生はもちろんのこと,中には高校生や小学生,中学生もいました.

「オープンソース」と聞くと各分野の専門家がソフトウェアを作って公開するイメージがあったのですが(GSLとかその典型例ですよね),やはりソフトウェア開発はプログラムが上手な人や好奇心のある人がいてこそのフィールドかなと感じました.

やはり時代はAIかサーバサイド

まぁAIはトレンドだとして,サーバサイドが人気継続中なようです.自分のようにスタンドアロンや組み込みのライブラリはまれですね.

自分はせっかくなのでwavioを展示しましたが,開発経緯などを話すと納得してくれる方々も多く,普段参加するような学会とはまた違った雰囲気ですね.

小中学生のプログラミングがアツい

展示ブースでは複数のCoderDojoの教室が展示していました.広島のみならず,隣県の山口県の教室からも参加して.生徒さんが開発したプログラムを展示していましたね.その中には災害に関するものもあったりしてその発想力に感動しました.

「次に勉強したいプログラミング言語は?」

有名ですねこのコーナー.OSC広島でも質問コーナーがありました.
自分はjulia,友人はRustと答えましたが,両方とも他の人は答えませんでしたね.

中には10代の子がGoと答えていましたね.

コーナーの人からは「Juliaってなんですか?」と聞かれました.

がんばれJulia!!

まとめ

初心者歓迎ムードがありつつも,内輪で会話が弾んでいる感も否めず,継続した参加でエンジニアの和を広げて行ける気がします.

来年度からはおそらく関東での参加になると思うのですが,休日にしっかりと時間を確保できるようであれば積極的に参加していきたいです.

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away