Edited at

「2019年2月」MySQLコマンドまとめ


はじめに

WordPressサイトを移管するとき、実際に使ったMySQLのコマンドをまとめました。ほとんど自分用のメモです。


SQLコマンド

ログイン

$ mysql -u [ユーザ名] -p

ユーザの追加

$ mysql > create user `wpuser`@`localhost` IDENTIFIED BY `wpuser`;

//
ユーザ名:wpusr
パスワード:wpusr
ホスト名:locathost
文字セット:utf8mb4

ユーザにDB操作権限を付与

$ mysql > grant all privileges on wp.* to wpusr@localhost IDENTIFIED BY 'wpusr';

//
対象:wpusr@localhost
対象のパスワード:wpusr
操作できるDB名:wpdb_test


ユーザーにパスワードをセットする

ログイン中のユーザーのパスワードを設定する場合

$mysql > set password = password('')

特定のユーザーのパスワードを設定する場合

$ mysql > set password for `wpusr`@`localhost` = password('wpusr1234');
//
ユーザー名:wpusr
新パスワード:wpusr1234
ホスト名:localhost


データベース関連

データベース一覧の表示

$ mysql > show databases;

データベースの追加(データベース名:wpdb_test)


$ mysql > create database wpdb_test;

データベースの選択(wpdb_testを選択する場合)

$ mysql > use wpdb_test;


テーブル関連

テーブル一覧の表示


$ mysql > show tables;

テーブル一覧の詳細表示


$ mysql > show table status;

テーブルの作成


$ mysql > CREATE TABLE [テーブル名] (
[フィールド名][データ型][オプション]
) ENGINE=[InnoDB/MyISAM] DEFAULT CHARSET=[文字コード];

//
$ mysql > CREATE TABLE `m_users`(
`id`
`nama`
)

データベースの確認(データベース名:wpdb)


$ mysql > use wpdb;
$ mysql > show tables;

詳細を知りたい


$ mysql > show table status;

テーブル設計の確認


$ mysql > desc wp_users


データベースの内容を検証する

①データベースの選択

$mysql > use wpdb2;

②テーブル一覧の表示

$mysql > show tables;

③データベースの削除(wpdb_test)


$ mysql > drop database wpdb_test;


データディレクトリの場所を確認


$mysql > select @@datadir