Edited at

Minecraftから始めるプログラミング学習

More than 1 year has passed since last update.


今回の記事でプログラミングを学べるかと言ったら要素はないのでそこは申し訳ございません!!

今回の記事で説明するのはMinecraftのとある機能を使ってプログラミングの基礎を学ぼうというものです。

その機能とはコマンドというものです。

/give @p diamond 64 0

と入力すればダイヤモンドが入手できる物や

/give @p coal 64 0

で石炭型に入るなど基本的な操作はできますよね?

他のものはわかりづらいとか難しいというのが有るから細かいのは自分で調べてください

その前に/give @p diamond 64 0等の物がどうしてプログラミングに繋がるか。

それは/scoreboardというものを使うからです。

このコマンドはプレイヤーなどに数値を入れることができます。

察しの言い方はこのへんでわかると思いますが・・・


変数とほとんど同じですねえ!!

そう、変数と同じなのです。

そして関数と同じようにスコアボードの値が0の場合と1の場合などとコマンドを組むこともできます。

更にレッドストーン回路というものがあり、それを使えばFor文などと同じことができます。(正しくはループ処理)

ここまで聞いてだから何だなど趣旨がわかりづらいと思います。

ですがこの用語を聞けばみなさんも言いたいことがわかると思います。タグに書いてあるから最初から分かる人もいると思うけど


フローチャートです。

最近では学校の教科書にも載ってることがありますが、あのフローチャートです。



Wikipedia引用

そして、これはコマンドブロックでもできるということです。

このフローチャートで解説するならば、1=>nというのはnというキャラ(MOB)に1の値をScoreboardを与えScoreboardで10<nになるのを調べ続けループをするということです。

もしよければこの方法でプログラミングを学び始めても良いかもしれません。

考え方としてはこちらのほうがアタを使うかもしれない。のですがこれだけは個人差によると思います。

僕はこの方法で始めたので軽く紹介をさせてもらいました。

もし人気であれば続きを書いてみたいです。

ではご朗読ありがとうございした。