Python
Django
Python3

はじめてのDjango Part1 [概要解説編]

はじめに

PythonでWebアプリを作ろうと思ったらまず手を出すのがDjangoだと思います。 独学の初学者向けに最小限の内容で解説します。
※後でもう少し追記します。
Part1は概要説明となりますので、とっととコードを見たい人は飛ばしてPart2へ進んでください。

はじめてのDjango Part2 [実践編] ToDoリスト作成

Djangoとは

PythonのWebアプリケーションフレームワークです。
フレームワークとは、Webアプリを作成するにあたって必要となる機能を用意してくれる便利なやつです。
他のPythonのフレームワークと比較して、機能が豊富で中・大規模のアプリ開発向きです。
他言語のフレームワークでも標準の機能は抑えており、
管理機能やユーザ認証機能、簡易APサーバと簡易DB(Sqlite3)も用意されています。
各機能ごとにアプリと呼ばれる切り分け方をして、チーム開発など分業にも向いており、ソースコードの管理が
しやすいです。

Djangoの思想について

詳しくは公式を見ていただくとして、ざっくりと。

・可読性を重視し、明示的な定義をする
・ロジックは1つの領域に閉じる。DBに関する操作はModelにすべて記載する
・URL設計とクラスのメソッドは分離する。URLの設計は明示的に記述
・テンプレート(HTML)とロジックの分離。PHPなどとは正反対の思想
・プログラミングの記法を意図的に狭め、自由度を下げることによって可読性を担保
・MVT(モデル・ビュー・テンプレート)。以下に図解します。

Model(DBへのCRUD操作およびロジック)
View(他MVCフレームワークでいうところのコントローラ。メインロジック。ページ毎にロジックを切る)
Template(HTML,CSS,Javascriptを基にしたテンプレート)

qiita.PNG

こんな感じです。最低限これだけ抑えていればDjangoでWebアプリは作れます。

Part2 [実践編]へ ⇒はじめてのDjango Part2 [実践編] ToDoリスト作成